遠山あき

 「おーい!お茶持って来たぞ」煤けたヤカンをぶらさげたオトラばあちゃんが川沿いの道をやって来た。篭から大きな湯のみを出してヤカンの水を注ぐ。黄色みを帯びた液体が湯のみからこぼれそうだ。口に含むと程よく冷えた水がじわりと口中に広がる。ゴクリ!体中に不思議な霊気が満ちていく。「うまい!」思わず叫んだ。初めての味わいだった。清々しい口ざわり。水分が体中に沁みていくと、それは一つひとつの細胞を甦らせてくれた。まさしく「癒しの水」だった。
 「なんの水?」と聞くとオトラばあちゃんが得意の笑みを満面に広げた。「クコ茶だよ」「ふーん」もう一口、おいしい!「私こんなに美味しいお茶、初めて飲んだ」「そうだろ。オレが作った手づくりだもん、世界中に一つだけのオレの味さ。クコ茶は、川岸に生えているクコの葉を煎じた漢方薬のお茶だ。暑気にやられた時、このお茶を飲むと、たちまち良くなる。だから、昔から農家じゃ今頃にクコの若葉を摘んで蓄えておくんだ」
 「そのクコってどこにあるの?」とたんに皆が笑い出した。「それ、おめえさん、踏んでるでねえか」慌てて足をあげる。私は若緑の葉がついた小枝を踏んでいた。摘むとやわらかい若葉が数枚。「それだよ、それがクコだ。丁寧に摘んでさっと蒸かす。天気のいい日に日干しにするんだ。すぐ乾くよ。カリカリになればそれでよい。それをカンカラにためておいて煎じて飲むんだ」「飲むと気持ちいいわ、清々しい」。
 クコは川岸にたくさん自生している。昔、中国から渡ってきた漢方薬の貴重な薬草であった。春の柔らかい若芽をクコ茶にし、滋養整腸剤として飲用。秋に実る赤い実は干して薬用や和えものに、クコ酒にもする。日本では余り使わないが、根も薬用としては貴重だそうである。
 医薬の普及していなかった昔、農民はこうして天然の薬草を学んで利用していたのだ。以来、私は野山を歩く時、心して自然と先人の知恵に感謝し、尊敬の思いを抱いているのである。

<写真>
花(左)夏8月頃、紫の小花をひらく。葉はクコ茶、クコ飯、おひたしに。実(右)美しいツヤツヤした実はクコ酒や干して薬用に。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る