遠山あき

 「おーい!お茶持って来たぞ」煤けたヤカンをぶらさげたオトラばあちゃんが川沿いの道をやって来た。篭から大きな湯のみを出してヤカンの水を注ぐ。黄色みを帯びた液体が湯のみからこぼれそうだ。口に含むと程よく冷えた水がじわりと口中に広がる。ゴクリ!体中に不思議な霊気が満ちていく。「うまい!」思わず叫んだ。初めての味わいだった。清々しい口ざわり。水分が体中に沁みていくと、それは一つひとつの細胞を甦らせてくれた。まさしく「癒しの水」だった。
 「なんの水?」と聞くとオトラばあちゃんが得意の笑みを満面に広げた。「クコ茶だよ」「ふーん」もう一口、おいしい!「私こんなに美味しいお茶、初めて飲んだ」「そうだろ。オレが作った手づくりだもん、世界中に一つだけのオレの味さ。クコ茶は、川岸に生えているクコの葉を煎じた漢方薬のお茶だ。暑気にやられた時、このお茶を飲むと、たちまち良くなる。だから、昔から農家じゃ今頃にクコの若葉を摘んで蓄えておくんだ」
 「そのクコってどこにあるの?」とたんに皆が笑い出した。「それ、おめえさん、踏んでるでねえか」慌てて足をあげる。私は若緑の葉がついた小枝を踏んでいた。摘むとやわらかい若葉が数枚。「それだよ、それがクコだ。丁寧に摘んでさっと蒸かす。天気のいい日に日干しにするんだ。すぐ乾くよ。カリカリになればそれでよい。それをカンカラにためておいて煎じて飲むんだ」「飲むと気持ちいいわ、清々しい」。
 クコは川岸にたくさん自生している。昔、中国から渡ってきた漢方薬の貴重な薬草であった。春の柔らかい若芽をクコ茶にし、滋養整腸剤として飲用。秋に実る赤い実は干して薬用や和えものに、クコ酒にもする。日本では余り使わないが、根も薬用としては貴重だそうである。
 医薬の普及していなかった昔、農民はこうして天然の薬草を学んで利用していたのだ。以来、私は野山を歩く時、心して自然と先人の知恵に感謝し、尊敬の思いを抱いているのである。

<写真>
花(左)夏8月頃、紫の小花をひらく。葉はクコ茶、クコ飯、おひたしに。実(右)美しいツヤツヤした実はクコ酒や干して薬用に。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  房総丘陵の豊かな自然に恵まれた長生郡長南町。深い緑に抱かれて、季節の花々も美しい。『野見金公園』と『熊野の清水公園』は、町民が丹精込めた手…
  2.  市原を中心とした房総の地域史を調査・研究している「房総古代道研究会」は、このたび調査報告書『市原市の六十六部廻国供養塔』と会誌『房総古代道…
  3.  ツルナは、海辺の砂地に生える海浜植物。花は黄色、葉は肉厚で三角からひし形のような形です。表面は細かい粒状突起に被われているので、ざらつき白…
  4. 「書は人の生き方に通じます。山があり谷があり、ピークはどこ、四季の移ろいは、といつも言うんです」と穏やかな笑顔で語るのは、かな書道講師の野…
  5.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  6.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  7.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 2021年6月16日市原市より新型コロナワクチン接種に係る64歳以下の方への接種券の発送及び65歳以上の方の予約枠の追加についての情報が公開…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る