日本舞踊 美しい所作を習う

 日本の伝統文化を学ぶ市津公民館主催事業『子ども日本舞踊』(全10回)が10月まで開かれている。「日本舞踊の動きを基本として、唱歌や流行歌などに合わせ動く新舞踊は親しみやすく気軽にはじめられる」と話すのは前島流香希(こうき)会の家元、前島香希さん。まず、浴衣を着て足袋をはいた子どもたちに挨拶の仕方を教えた。
 低学年5人が習う曲は民謡『リンゴ節』。かごに見立てた前掛けにリンゴを収穫する場面では「りんごを落とさないように」、蝶を表現するときには「羽だから両腕を軽く動かしてね」とわかりやすい言葉で説明し、前島さんがお手本をみせる。「ゆったりとした動きが好き」という3年生は、昨年も参加したそうで慣れた仕草で楽しそうに体を揺らす。初参加の2年生は家元の所作を真剣に見つめまねをする。どちらも踊る姿が愛らしい。
 高学年以上の6人は花のかわりに2枚の布を持ち流行歌『津軽の花』を舞う。胸に手をあて首をかしげたり、着物の袖を振ったりと女心を表す歌詞にあわせる動きは少し大人びて見える。小学2年生の時から教室に継続して参加する中学2年生は「舞台に立つとみんなが喜んでくれる。茶道や歌舞伎など他の日本文化にも興味がでてきた」と話す。終了後は自分たちで浴衣をたたんで帰った。
 前島さんは「礼儀作法、和の心、感謝の心を学んでほしい。帰宅した父親を正座で作法どおりに迎え、喜ばれた子どももいる」と毎年教室を開く。踊りは10月17日に公民館が開く文化祭で披露する。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  2.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  3.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  4.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  5.  内房線の八幡宿駅西口から歩いて10分程にある飯香岡八幡宮は、白鳳3年(675)天武天皇の勅命により八幡宮として創建されたといわれています。…
  6.  長南町の野見金山に、全長1.4㎞のトレッキングロード『のみがね峻道』が完成した。地元有志が結成した『のみがね会』が、約4年の歳月をかけ整備…
  7.  秋の深まる足音が日々ゆっくりと近づいてきています。朝早くに犬と散歩するようになってからは、何か危険な物は落ちていないか、注意しながら足元に…
  8.  今年で11年目となるマザー牧場(富津市)のイルミネーション『光の花園』が11/3から始まった。標高300mの『山の上エリア』で、約60万球…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る