日本舞踊 美しい所作を習う

 日本の伝統文化を学ぶ市津公民館主催事業『子ども日本舞踊』(全10回)が10月まで開かれている。「日本舞踊の動きを基本として、唱歌や流行歌などに合わせ動く新舞踊は親しみやすく気軽にはじめられる」と話すのは前島流香希(こうき)会の家元、前島香希さん。まず、浴衣を着て足袋をはいた子どもたちに挨拶の仕方を教えた。
 低学年5人が習う曲は民謡『リンゴ節』。かごに見立てた前掛けにリンゴを収穫する場面では「りんごを落とさないように」、蝶を表現するときには「羽だから両腕を軽く動かしてね」とわかりやすい言葉で説明し、前島さんがお手本をみせる。「ゆったりとした動きが好き」という3年生は、昨年も参加したそうで慣れた仕草で楽しそうに体を揺らす。初参加の2年生は家元の所作を真剣に見つめまねをする。どちらも踊る姿が愛らしい。
 高学年以上の6人は花のかわりに2枚の布を持ち流行歌『津軽の花』を舞う。胸に手をあて首をかしげたり、着物の袖を振ったりと女心を表す歌詞にあわせる動きは少し大人びて見える。小学2年生の時から教室に継続して参加する中学2年生は「舞台に立つとみんなが喜んでくれる。茶道や歌舞伎など他の日本文化にも興味がでてきた」と話す。終了後は自分たちで浴衣をたたんで帰った。
 前島さんは「礼儀作法、和の心、感謝の心を学んでほしい。帰宅した父親を正座で作法どおりに迎え、喜ばれた子どももいる」と毎年教室を開く。踊りは10月17日に公民館が開く文化祭で披露する。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る