不細工でも縁起物

 干支にちなんだ「見ざる聞かざる言わざる」の『三猿』を作る、八幡公民館主催事業『古布で干支作り』(全3回)が開かれた。講師は市原市八幡北に住む川井滿智子さん。「申年に赤いものを身に着けると縁起がいいそうですよ」と話し、助手の瀧本さんと渡辺さんとともに参加者20人を指導した。
 材料は予め下図を描いたり接着芯を貼ったりと川井さんが下準備してきた着物の端切れ。昨年11月の初日はまず猿の顔を作った。丸く白い羽二重の生地の端をぐし縫いにして絞り、手芸綿を詰めるという手順。球状にするのだが、シワができて苦労する人も。川井さんが「一度糸止めをし、ふくらんでいるところを針で拾い縫って」とお手本を見せるときれいな円形になった。
 目鼻は一本取りの糸で縫うか、アクリル絵の具で描く。細かい作業の連続に真剣な表情の参加者も、目の横に綿棒で頬紅を塗ると「不細工なのにかわいい」、「いたずらっ子のよう」とお互いに見せ合い笑顔に。講師たちも「一人ひとり違っていいのですよ」と丁寧に教える。同じ生地で手も作り1日目は終了。
 2回目以降、猿の胴体は紬で、ちゃんちゃんこの表地はかわいらしい3種の柄物、裏地は紅絹で作る。扇型の座布団は川井さんが古着屋で手に入れた「24金を使った糸で織った高価な西陣織」。作品が早く完成すれば、最終回で川井さんの出身地奈良県に伝わる「身代わり猿を特別に作る」と聞いて参加者の針を持つ手も進んだ。玄関に家族の人数分吊るすと厄除けになるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る