不細工でも縁起物

 干支にちなんだ「見ざる聞かざる言わざる」の『三猿』を作る、八幡公民館主催事業『古布で干支作り』(全3回)が開かれた。講師は市原市八幡北に住む川井滿智子さん。「申年に赤いものを身に着けると縁起がいいそうですよ」と話し、助手の瀧本さんと渡辺さんとともに参加者20人を指導した。
 材料は予め下図を描いたり接着芯を貼ったりと川井さんが下準備してきた着物の端切れ。昨年11月の初日はまず猿の顔を作った。丸く白い羽二重の生地の端をぐし縫いにして絞り、手芸綿を詰めるという手順。球状にするのだが、シワができて苦労する人も。川井さんが「一度糸止めをし、ふくらんでいるところを針で拾い縫って」とお手本を見せるときれいな円形になった。
 目鼻は一本取りの糸で縫うか、アクリル絵の具で描く。細かい作業の連続に真剣な表情の参加者も、目の横に綿棒で頬紅を塗ると「不細工なのにかわいい」、「いたずらっ子のよう」とお互いに見せ合い笑顔に。講師たちも「一人ひとり違っていいのですよ」と丁寧に教える。同じ生地で手も作り1日目は終了。
 2回目以降、猿の胴体は紬で、ちゃんちゃんこの表地はかわいらしい3種の柄物、裏地は紅絹で作る。扇型の座布団は川井さんが古着屋で手に入れた「24金を使った糸で織った高価な西陣織」。作品が早く完成すれば、最終回で川井さんの出身地奈良県に伝わる「身代わり猿を特別に作る」と聞いて参加者の針を持つ手も進んだ。玄関に家族の人数分吊るすと厄除けになるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る