不細工でも縁起物

 干支にちなんだ「見ざる聞かざる言わざる」の『三猿』を作る、八幡公民館主催事業『古布で干支作り』(全3回)が開かれた。講師は市原市八幡北に住む川井滿智子さん。「申年に赤いものを身に着けると縁起がいいそうですよ」と話し、助手の瀧本さんと渡辺さんとともに参加者20人を指導した。
 材料は予め下図を描いたり接着芯を貼ったりと川井さんが下準備してきた着物の端切れ。昨年11月の初日はまず猿の顔を作った。丸く白い羽二重の生地の端をぐし縫いにして絞り、手芸綿を詰めるという手順。球状にするのだが、シワができて苦労する人も。川井さんが「一度糸止めをし、ふくらんでいるところを針で拾い縫って」とお手本を見せるときれいな円形になった。
 目鼻は一本取りの糸で縫うか、アクリル絵の具で描く。細かい作業の連続に真剣な表情の参加者も、目の横に綿棒で頬紅を塗ると「不細工なのにかわいい」、「いたずらっ子のよう」とお互いに見せ合い笑顔に。講師たちも「一人ひとり違っていいのですよ」と丁寧に教える。同じ生地で手も作り1日目は終了。
 2回目以降、猿の胴体は紬で、ちゃんちゃんこの表地はかわいらしい3種の柄物、裏地は紅絹で作る。扇型の座布団は川井さんが古着屋で手に入れた「24金を使った糸で織った高価な西陣織」。作品が早く完成すれば、最終回で川井さんの出身地奈良県に伝わる「身代わり猿を特別に作る」と聞いて参加者の針を持つ手も進んだ。玄関に家族の人数分吊るすと厄除けになるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る