不細工でも縁起物

 干支にちなんだ「見ざる聞かざる言わざる」の『三猿』を作る、八幡公民館主催事業『古布で干支作り』(全3回)が開かれた。講師は市原市八幡北に住む川井滿智子さん。「申年に赤いものを身に着けると縁起がいいそうですよ」と話し、助手の瀧本さんと渡辺さんとともに参加者20人を指導した。
 材料は予め下図を描いたり接着芯を貼ったりと川井さんが下準備してきた着物の端切れ。昨年11月の初日はまず猿の顔を作った。丸く白い羽二重の生地の端をぐし縫いにして絞り、手芸綿を詰めるという手順。球状にするのだが、シワができて苦労する人も。川井さんが「一度糸止めをし、ふくらんでいるところを針で拾い縫って」とお手本を見せるときれいな円形になった。
 目鼻は一本取りの糸で縫うか、アクリル絵の具で描く。細かい作業の連続に真剣な表情の参加者も、目の横に綿棒で頬紅を塗ると「不細工なのにかわいい」、「いたずらっ子のよう」とお互いに見せ合い笑顔に。講師たちも「一人ひとり違っていいのですよ」と丁寧に教える。同じ生地で手も作り1日目は終了。
 2回目以降、猿の胴体は紬で、ちゃんちゃんこの表地はかわいらしい3種の柄物、裏地は紅絹で作る。扇型の座布団は川井さんが古着屋で手に入れた「24金を使った糸で織った高価な西陣織」。作品が早く完成すれば、最終回で川井さんの出身地奈良県に伝わる「身代わり猿を特別に作る」と聞いて参加者の針を持つ手も進んだ。玄関に家族の人数分吊るすと厄除けになるそうだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る