ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

この世に命のあるものは元を辿れば全てが土から作られます。植物は土から芽を出し、それを草食動物が食み、その草食動物を今度は肉食動物や我々人間のような雑食動物が食料とします。もしその生命の源である土に何か異変が起これば、全ての生態系が狂い始めて深刻な危機が訪れてしまいます。農薬や化学肥料をふんだんに使う近代農業は過去全世界の腐植土の30%を死滅させ、この現状のままでは60年後には100%の腐植土が死滅してしまい、全ての農業が成立しなくなってしまうそうです。年々温暖化が進み、日本のみならず世界各地で猛暑や洪水を記録しています。自然が破壊されれば連鎖的に全ての生命がダメージを被ってしまうのです。同じ事は私達の体内でも起きています。食品添加物の過剰摂取により癌などの重篤な疾患が年々増加しています。これらの現象は決して偶然ではなく、我々が行った全てが私達自身の元へと戻って来ているのです。一人一人が少しでも昔からずっと営んで来た素朴で自然と共に生きる生活を思い出す事が出来れば、そんな危機的な状況から抜け出し未来を変える事が出来るかも知れません。まだ暑さも続く9月、子供達の水分補給のために手作りレモネードを作ってみては如何でしょうか?

レモングラスのレモネード 材料(5~7杯分)
ミネラルウォーター 150㏄、砂糖 120g、レモングラス(ドライ)約5g、ミントの葉 5枚、クエン酸大さじ 1と1/2、レモン 1個(飾り用)、ミントの枝 (飾り用)5~7本。レモンとミントの枝は無くてもOK。
・作り方
①鍋にミネラルウォーターを注ぎ沸騰したらレモングラス、ミントの葉を入れ5分程そのままにする。
②①から葉を取り除き砂糖、クエン酸を入れ溶けるまでよくかき混ぜる。
③②の余熱を取ったら瓶に移し冷蔵庫で保存。
④飲む時に③をグラスに注ぎ無糖のソーダ水で割り4~5倍に薄める。
⑤あればミントの枝やスライスしたレモンを飾る。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る