母に友に心を送る絵手紙

 夏の野菜や花をハガキとウチワにかく南総公民館主催事業『絵手紙教室』(全3回)が開かれた。初回の6月1日、『動かなければ出会えない』という絵手紙の創始者小池邦夫氏の言葉を引用し、「今日みなさんは動いたから出会えた」と9人の参加者を笑顔で迎えたのは日本絵手紙協会公認講師向井艶子さん。半畳ほどもある和紙、柏餅の葉、木片にと自由な発想でかかれた手紙を見せ、「相手を思う心を送る」絵手紙の楽しさを語った。
 はじめに向井さんが教えたのは、にじみやすい画仙紙のハガキに墨と顔彩を使う基本。「輪郭と言葉は、長い筆に墨をたっぷりつけ、筆の端を軽く3本指で持ち、1秒に1ミリずつ進める」、「色は短い筆でたたくよう塗る」など。線や名前を練習したあと、タケノコ、青梅、ピーマンなどを持参した参加者に「1枚のハガキにひとつだけ、下書きなしで大きくかくように」と促した。
 「ニンニクが富士山のよう」、「まあいいかとかこうかな」と楽しそうにおしゃべりしながら筆を進める参加者たち。ソラマメをかき「虫みたい」と言う女性に向井さんが「青虫じゃないよとかけば」と助言すると、下手もユーモアに転じる。文を添え、最後に消しゴムハンコを押すと絵がより引き立った。
 「認知症の母に昔を思い出してほしい」、「95歳の母は耳が遠く電話で話せないから」、「友だちに送る」などそれぞれの思いを込め完成。向井さんは「かいたら必ずポストに投函して」と勧めた。教室は冬にも開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る