母に友に心を送る絵手紙

 夏の野菜や花をハガキとウチワにかく南総公民館主催事業『絵手紙教室』(全3回)が開かれた。初回の6月1日、『動かなければ出会えない』という絵手紙の創始者小池邦夫氏の言葉を引用し、「今日みなさんは動いたから出会えた」と9人の参加者を笑顔で迎えたのは日本絵手紙協会公認講師向井艶子さん。半畳ほどもある和紙、柏餅の葉、木片にと自由な発想でかかれた手紙を見せ、「相手を思う心を送る」絵手紙の楽しさを語った。
 はじめに向井さんが教えたのは、にじみやすい画仙紙のハガキに墨と顔彩を使う基本。「輪郭と言葉は、長い筆に墨をたっぷりつけ、筆の端を軽く3本指で持ち、1秒に1ミリずつ進める」、「色は短い筆でたたくよう塗る」など。線や名前を練習したあと、タケノコ、青梅、ピーマンなどを持参した参加者に「1枚のハガキにひとつだけ、下書きなしで大きくかくように」と促した。
 「ニンニクが富士山のよう」、「まあいいかとかこうかな」と楽しそうにおしゃべりしながら筆を進める参加者たち。ソラマメをかき「虫みたい」と言う女性に向井さんが「青虫じゃないよとかけば」と助言すると、下手もユーモアに転じる。文を添え、最後に消しゴムハンコを押すと絵がより引き立った。
 「認知症の母に昔を思い出してほしい」、「95歳の母は耳が遠く電話で話せないから」、「友だちに送る」などそれぞれの思いを込め完成。向井さんは「かいたら必ずポストに投函して」と勧めた。教室は冬にも開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  2.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  3.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  4. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  5.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  6. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  7. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…
  8.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  9. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  10. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…

ピックアップ記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る