母に友に心を送る絵手紙

 夏の野菜や花をハガキとウチワにかく南総公民館主催事業『絵手紙教室』(全3回)が開かれた。初回の6月1日、『動かなければ出会えない』という絵手紙の創始者小池邦夫氏の言葉を引用し、「今日みなさんは動いたから出会えた」と9人の参加者を笑顔で迎えたのは日本絵手紙協会公認講師向井艶子さん。半畳ほどもある和紙、柏餅の葉、木片にと自由な発想でかかれた手紙を見せ、「相手を思う心を送る」絵手紙の楽しさを語った。
 はじめに向井さんが教えたのは、にじみやすい画仙紙のハガキに墨と顔彩を使う基本。「輪郭と言葉は、長い筆に墨をたっぷりつけ、筆の端を軽く3本指で持ち、1秒に1ミリずつ進める」、「色は短い筆でたたくよう塗る」など。線や名前を練習したあと、タケノコ、青梅、ピーマンなどを持参した参加者に「1枚のハガキにひとつだけ、下書きなしで大きくかくように」と促した。
 「ニンニクが富士山のよう」、「まあいいかとかこうかな」と楽しそうにおしゃべりしながら筆を進める参加者たち。ソラマメをかき「虫みたい」と言う女性に向井さんが「青虫じゃないよとかけば」と助言すると、下手もユーモアに転じる。文を添え、最後に消しゴムハンコを押すと絵がより引き立った。
 「認知症の母に昔を思い出してほしい」、「95歳の母は耳が遠く電話で話せないから」、「友だちに送る」などそれぞれの思いを込め完成。向井さんは「かいたら必ずポストに投函して」と勧めた。教室は冬にも開講予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る