更蝸(こうか)つれづれ スカーレットに思う

 先月まで放送していた朝ドラの『スカーレット』。信楽焼の話で、楽しみに家内と見ることが多かった。テーマ曲に合わせ、ろくろの回転から始まり粘土から女性が現れたかと思うと、合体し再び粘土の塊となって様々な姿・形の表情を繰り広げる創作過程に感動し、また出演者が個性豊かに演じる爽やかさに元気を貰って、その日が始まっていた。
 その陶芸つながりの話になるが、私には、知合いで備前焼をしている遠藤みどりさんがいる。若い時の遠藤さんは「和紙粘土人形」を作る会を立ち上げ、都内でグループ展など行なっていた。銀座の画廊で友人の藍染め展を訪問中、初老の陶芸家(備前焼)と出会い、陶芸の道に入ったと言われる。そして備前焼を本格的に学び、夫の定年を機会に、薪窯の出来る長柄町に移り住み、穴窯を築き創作活動を始めた。私は薪窯での美に以前から興味があり、彼女が備前焼をしていると知り、工房を何度か訪ねるようになった。その度に、遠藤さんの個性的な創作品を見ては唯々驚くばかりだった。  あるとき、「何かになる?」と彼女が大きな破片(写真)を見せてくれた。この創作物も他の作品とともに窯に入れ、昼夜休みなく一週間程の窯焚きをし、できあがったものだ。窯を開けたとき、遠藤さんは唖然としたかもしれない。肌には自然の織りなす備前焼の特徴がある。しばらく保管されていたものを預かり、ふと思いついて古木にそっと乗せてみた。なかなか良い景色になったので、『小宇宙』と呼び、置物にした。

遠藤さんは今でも「宇宙からの贈りものです」と大切にしている。私は朝ドラの中にも出てくる信楽焼の破片とともに、この作品に自然の成す美を感じている。
※スカーレット:やや黄味の赤色で少しくすんだ色。信楽焼の色の特徴でもある。 


・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。
TEL.0436・98・5251

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る