更蝸(こうか)つれづれ スカーレットに思う

 先月まで放送していた朝ドラの『スカーレット』。信楽焼の話で、楽しみに家内と見ることが多かった。テーマ曲に合わせ、ろくろの回転から始まり粘土から女性が現れたかと思うと、合体し再び粘土の塊となって様々な姿・形の表情を繰り広げる創作過程に感動し、また出演者が個性豊かに演じる爽やかさに元気を貰って、その日が始まっていた。
 その陶芸つながりの話になるが、私には、知合いで備前焼をしている遠藤みどりさんがいる。若い時の遠藤さんは「和紙粘土人形」を作る会を立ち上げ、都内でグループ展など行なっていた。銀座の画廊で友人の藍染め展を訪問中、初老の陶芸家(備前焼)と出会い、陶芸の道に入ったと言われる。そして備前焼を本格的に学び、夫の定年を機会に、薪窯の出来る長柄町に移り住み、穴窯を築き創作活動を始めた。私は薪窯での美に以前から興味があり、彼女が備前焼をしていると知り、工房を何度か訪ねるようになった。その度に、遠藤さんの個性的な創作品を見ては唯々驚くばかりだった。  あるとき、「何かになる?」と彼女が大きな破片(写真)を見せてくれた。この創作物も他の作品とともに窯に入れ、昼夜休みなく一週間程の窯焚きをし、できあがったものだ。窯を開けたとき、遠藤さんは唖然としたかもしれない。肌には自然の織りなす備前焼の特徴がある。しばらく保管されていたものを預かり、ふと思いついて古木にそっと乗せてみた。なかなか良い景色になったので、『小宇宙』と呼び、置物にした。

遠藤さんは今でも「宇宙からの贈りものです」と大切にしている。私は朝ドラの中にも出てくる信楽焼の破片とともに、この作品に自然の成す美を感じている。
※スカーレット:やや黄味の赤色で少しくすんだ色。信楽焼の色の特徴でもある。 


・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。
TEL.0436・98・5251

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る