気の合う仲間と楽しく筋トレを

 6月11日、市津公民館で『いいあんばい体操 リーダー育成講座』が開かれ12名が参加した。住み慣れた地域でいつまでも元気に暮らすためには健康づくりが大切。市高齢者支援課と同公民館の共催講座で、気の合う仲間と楽しく体操をするサークルのリーダー『いいアンバサダー』を育てようというもの。
 筋力の低下は様々な病気を引き起こす。だが、筋肉は強めの負荷をかけることで成長することがわかっている。歌いながら行う『市原いいあんばい体操』の中でも、今回体験したのはおもりとバンドを使用する『筋金近トレ編』。「金」は健康でいれば医療費がかからないことを表し、「近」は身近な場所で続けられることを表している。白金整形外科病院の理学療法士、伊藤俊介さんが講師を務め、明るく楽しいトークで参加者をリラックスさせた。
 1本200gのおもりを6本まで増やせるバンドを腕や足に装着し『富士の山』など馴染みのある童謡を歌いながら、腕を上げる、膝を伸ばすなど6種類の運動を行う。ペースは1動作につきゆっくりとした8カウント。意外ときつく、最後には「は~疲れた」と苦笑いする人も。「歌いながら行うことで常に呼吸ができ、脳トレにもなる」と伊藤さん。
 「週に1回をめどに気の合うお友達とチャレンジしてみてください。健康は自分のため。主体的に取り組む姿勢が大事」と市職員。少人数でお茶会を兼ねて自宅を会場に体操を始めてもいい。興味のある方は高齢者支援課に問い合わせを。体操の内容を職員が説明してくれ、おもりとバンド、CD、体力測定結果などを記録する冊子が貸与される。
 家で時々ストレッチをするという70代の参加者は「利き手じゃない方はきつかった。楽しかったからまたやりたい」と意欲を見せた。
 11月16日にも同公民館で『いいあんばい体操』開催予定。市広報紙要チェック。

問合せ 市高齢者支援課
TEL 0436・23・9814

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る