癒しの緑のインテリア

『モスボール』と呼ばれ、世界中で愛好者が増えている苔玉。小さな緑の、癒しのインテリアとして人気だ。6月26日、姉崎公民館で『苔玉づくり』の講座が開かれた。グリーンアドバイザーの柳池繁さんを講師に、14名の参加者が3種類の苔玉を作り、管理の仕方なども学んだ。
 使う苔は柳池さんの自宅で育てたもの。まずは苔の種類や管理のポイントなどを柳池さんが説明。「水やりは霧吹きで。1日1回たっぷりの湿り気を与えて乾燥させないこと。天敵はナメクジやダンゴムシなど。苔を食べるので、苔玉は風通しの良い、明るい日陰に置くのがベスト。激しい雨もかからないよう注意します」。
 次に苔玉づくり。柳池さんが用意した苔玉にクロマツの苗を植え込む。根の余分な土を落とし、伸び過ぎた根や葉をカットし形を整えたら、苔玉に穴を開け、クロマツの根を入れる。苗が動かないよう、木綿糸を苗の根元と苔玉にタスキがけで何度か巻きつけて、苔に霧吹きをかけて完成。
 二つ目の苔玉は土をこねるところから。ケト土と赤玉土を混ぜ、耳たぶの柔らかさにし、丸める。根を入れるくぼみをつけ、シダの苗をふたつに割り、クロマツ同様に整え、半分の株の根を入れ土玉を固める。株元には少し隙間を作っておく。ヒメナギゴケの根から土を取り薄くして、土玉に押し込むように貼り付ける。かなり力のいる作業で、なかなか苔がつかず落ちてしまう人も。全体に苔をつけたら苔玉と株元に糸をかける。三つ目は、ヒラヒラと長さのあるミズゴケの苔玉。二つ目同様、土玉を作り、もう半分のシダの苗を植えたら、ミズゴケを巻き付けるようにして土玉につける。ぐっと握るように形を整え、糸がけをして終了。
 柳池さんは「ぜひ苔を育ててください」。参加者は「苔を貼る力加減と、糸の巻き方が難しかった。クロマツは陶器の皿などに置いて玄関に飾って、さっそく楽しみます」と、大事そうに苔玉を持ち帰っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  近場で楽しめる冬のオススメスポットをご紹介!千葉市中央区にある千葉市科学館では、毎月『きぼーる星空観察会』を開催している。これは、科学館の…
  2.  毎月第1・3火曜日、茂原市粟生野の豊岡福祉センターにて、『豊岡レインボーサークル』の『レインボー健康体操』教室が開かれている。『レインボー…
  3.  私が小学生の頃、同じ地区の小学生がいる5世帯が、月に一度、持ち回りで自宅に子ども達を集めて『子供会』を行っていました。クリスマス会では、6…
  4. ☆佐藤春治さん(2回目) ☆篠田昌弘さん(1回目)  市町村別のゴルフ場の数で日本一を誇る市原市。市内全32カ所33コースを巡るスタンプラ…
  5. 『NPO法人 竹もりの里』は、里山保全の観点から放置竹林問題に取り組んできた。今年9月には長南町の旧長南幼稚園跡地に『竹の駅ちょうなん』を開…
  6. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  7.  毎年この時期「ヒッ、ヒッ、ヒッ」の澄んだ良く通る声を聞くことがある。もうすぐ冬がやって来ると感じさせてくれる冬鳥のジョウビタキの声だ。スズ…
  8.  市原市ちはら台には、およそ180基の古墳があり、その中の牧園自然公園の一角には、前方後円墳の33号墳がある。全長42m、墳丘はテラス状の段…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  近場で楽しめる冬のオススメスポットをご紹介!千葉市中央区にある千葉市科学館では、毎月『きぼーる星空観察会』を開催している。これは、科学館の…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る