癒しの緑のインテリア

『モスボール』と呼ばれ、世界中で愛好者が増えている苔玉。小さな緑の、癒しのインテリアとして人気だ。6月26日、姉崎公民館で『苔玉づくり』の講座が開かれた。グリーンアドバイザーの柳池繁さんを講師に、14名の参加者が3種類の苔玉を作り、管理の仕方なども学んだ。
 使う苔は柳池さんの自宅で育てたもの。まずは苔の種類や管理のポイントなどを柳池さんが説明。「水やりは霧吹きで。1日1回たっぷりの湿り気を与えて乾燥させないこと。天敵はナメクジやダンゴムシなど。苔を食べるので、苔玉は風通しの良い、明るい日陰に置くのがベスト。激しい雨もかからないよう注意します」。
 次に苔玉づくり。柳池さんが用意した苔玉にクロマツの苗を植え込む。根の余分な土を落とし、伸び過ぎた根や葉をカットし形を整えたら、苔玉に穴を開け、クロマツの根を入れる。苗が動かないよう、木綿糸を苗の根元と苔玉にタスキがけで何度か巻きつけて、苔に霧吹きをかけて完成。
 二つ目の苔玉は土をこねるところから。ケト土と赤玉土を混ぜ、耳たぶの柔らかさにし、丸める。根を入れるくぼみをつけ、シダの苗をふたつに割り、クロマツ同様に整え、半分の株の根を入れ土玉を固める。株元には少し隙間を作っておく。ヒメナギゴケの根から土を取り薄くして、土玉に押し込むように貼り付ける。かなり力のいる作業で、なかなか苔がつかず落ちてしまう人も。全体に苔をつけたら苔玉と株元に糸をかける。三つ目は、ヒラヒラと長さのあるミズゴケの苔玉。二つ目同様、土玉を作り、もう半分のシダの苗を植えたら、ミズゴケを巻き付けるようにして土玉につける。ぐっと握るように形を整え、糸がけをして終了。
 柳池さんは「ぜひ苔を育ててください」。参加者は「苔を貼る力加減と、糸の巻き方が難しかった。クロマツは陶器の皿などに置いて玄関に飾って、さっそく楽しみます」と、大事そうに苔玉を持ち帰っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る