カフェでくつろぎながら、オオカミを学ぶ

 7月18日から27日まで、内田未来楽校で開催された『オオカミミュージアム』。オオカミの存在がいかに田畑や森林を守るかの啓発活動を行っている日本オオカミ協会が、同校のスペースにオオカミの写真、グラフを用いた掲示物、映像鑑賞を含む展示会を行った。
「現在、千葉県を含めてシカやイノシシなどの野生動物が激増しています。森を荒らし、結果的に山崩れなど災害にも繋がります。繁殖力が高く狩猟をしても根本的な解決にはなりません」と同協会千葉県支部長の井上守さん。『オオカミは怖い』と絵本から植えつけられたイメージで、オオカミは人を襲う動物と誤解されているが、「オオカミは夜にひっそり移動して、数が増えすぎることもありません」と続ける。
 会場に併設されているのは、内田未来カフェ。カフェは毎月第3土日に開かれ、飲み物はもちろん、クッキーや手芸品も購入可能。事務局長の小出和茂さんは、「地域の人・自然・歴史を活かすことで校舎も活きる、地域コミュニティの場を提供できたら」と話し、カフェで働く伊東朝美さんも、「お茶を楽しむだけでなく、ジャーで作る梅ジュースや漬物の作り方など、主婦ならではの知恵を情報交換できるので有効活用してください」と続けた。

問合せ 小出さん
TEL 090・2661・5567

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る