カフェでくつろぎながら、オオカミを学ぶ

 7月18日から27日まで、内田未来楽校で開催された『オオカミミュージアム』。オオカミの存在がいかに田畑や森林を守るかの啓発活動を行っている日本オオカミ協会が、同校のスペースにオオカミの写真、グラフを用いた掲示物、映像鑑賞を含む展示会を行った。
「現在、千葉県を含めてシカやイノシシなどの野生動物が激増しています。森を荒らし、結果的に山崩れなど災害にも繋がります。繁殖力が高く狩猟をしても根本的な解決にはなりません」と同協会千葉県支部長の井上守さん。『オオカミは怖い』と絵本から植えつけられたイメージで、オオカミは人を襲う動物と誤解されているが、「オオカミは夜にひっそり移動して、数が増えすぎることもありません」と続ける。
 会場に併設されているのは、内田未来カフェ。カフェは毎月第3土日に開かれ、飲み物はもちろん、クッキーや手芸品も購入可能。事務局長の小出和茂さんは、「地域の人・自然・歴史を活かすことで校舎も活きる、地域コミュニティの場を提供できたら」と話し、カフェで働く伊東朝美さんも、「お茶を楽しむだけでなく、ジャーで作る梅ジュースや漬物の作り方など、主婦ならではの知恵を情報交換できるので有効活用してください」と続けた。

問合せ 小出さん
TEL 090・2661・5567

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  2.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  3. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  4.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  5.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  6. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  7. 「丈部大麻呂」は上総国市原郡の郡司の子息であり、奈良東大寺の瑠舎那大仏(るしゃなだいぶつ)の表面をメッキするに必要な金の産出に成功し、無位…
  8.  4月30日(火)まで、八千代市大和田にある京成バラ園バックヤードにて『オズの国のストロベリーハント』のイベントが開催される(雨天決行)。『…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る