明治、大正時代の布を美しく現代に蘇らせる 古布を愛してパッチワークキルト

 「明治、大正の人は物を大切にしました。新潟にある実家の蔵には母が七五三の時に着た大正時代のちりめんの着物も。染めや柄など、先人が残してくれた物はお金に換えられない素晴らしい物。それを蘇らせ今を生きる人に何かを感じてもらい喜んでもらいたいです」
 東金市の内藤哲子さん(82)は、自らのパッチワーク作品に囲まれながら、そう語る。大小の見事なタペストリーの中にはボーダーに祖父の布を用いたものも。布選びから接着芯張り、構図を考え繋げるという手間のかかるタペストリーの合間に、小物づくりにも精力的に取り組んできた。
 内藤さんが古布パッチワークキルトに魅せられたのは20年以上前。千葉市のパッチワーク教室での「素晴らしい師との出会い」からだ。以来、「やりたかったことに出会えたと生きがいを見つけた思い」で、8年間夢中で学んだ。
 「教室では明治・大正・昭和・平成とそれぞれの古布に触れる機会があり、各時代の布の美しさ、奥の深さに感動しました。様々な時代の布を組み合わせ、心を込めた一針一針によって世界にひとつしかない作品を作る喜びは格別なものです」
 もともと専業主婦だった内藤さん。子育てが終わったら老人ホームでボランティアをしたいとずっと考えていたという。「手作業をして一日を過ごしたら楽しいだろうし、それにはパッチワークは最適だと思ったんです。でも、施設では針やハサミを使えないんですね。誤算でした」。
 代わりに、興味のある方を自宅に招いて、小物づくりの指導を続けてきた。ボロ市等で調達した材料も含め無償。「好きな人が集まって、喜んでいただければそれが幸せ。その時間が一番楽しい」
 子どもたち、孫たちが海外に行く際のおみやげにしたり、逆に外国人の客にプレゼントして好評。「だから、小物は失敗作しか残ってないんですよ」と笑う。4~5センチ程の布でも小物はできる。「自分の思い出の布、大切な人の着ていた布を思い出として残すことは素敵。そして、布の温かみは人を癒します」
 内藤さんは「手作りや倹約の精神を体現した」パッチワークがこれからも愛されることを願っている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  2. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  3. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  4. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  5. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  6. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…
  7. カゴタケ  今回は面白い形のキノコをご紹介します。英語でもバードケージ・ファンガイ(鳥かご茸)と呼ばれているスッポンタケ科のキノコです。 初…
  8.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  9. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  10.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…

ピックアップ記事

  1. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る