私だけの「夏デコ」フォトフレーム

 7月30日と8月6日に茂原市豊田福祉センターで開催された『夏休み、トヨチャレ』。2回シリーズの第1回目は、シンプルな写真立てのフレームデコ。参加者、小学生の女子6名は、貝殻、粘土とビーズなどを使った夏らしく涼しげな写真立て作りを体験した。
 講師はフラダンス指導者の新井協子さん。前半は、新井さんの指示に従い粘土で2種類の花を作った。明るく陽気な新井さんとは対照的に、静かに粘土を丸める女子たち。黙々とそつなく作業をこなしていく。後半は「好きに飾りつけていいよ」と言われて戸惑う子もいたが、徐々にエンジン全開。巻貝を立ててつけてみたり、粘土でスイカや浮き輪など思いつく夏のアイテムを次々と追加。子どもならではの大胆で個性的な工夫を凝らし、自分だけの豪華な写真立てを完成させた。「楽しかった。机の上に飾ろうかな」とはにかみながら答えた子も。子どもたちは、たっぷりと飾りのついた写真立てをそっと抱え、落とさないように気遣いながら、迎えに来た母親のもとへ駆け寄った。
 第2回目はフラダンスに挑戦。ひと夏のいい思い出になったのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る