ロマンティック in『冬タナ』

 2月14日に茂原市民会館周辺で行われた第2回目の『もばら冬の七夕まつり(通称、冬タナ)』。春一番の突風が吹いた午前中から19時のフィナーレまで、家族連れやカップルなど約1800人が地元の祭りを大いに楽しんだ。主催は茂原七夕まつり実行委員会。
 バレンタインデー企画として開催されたのが『Sweet婚活パーティー』。20から40代までの男女それぞれ12名が参加、意欲的な人が多く、なんと5組のカップルが誕生。「素敵な出会いに感謝」など喜びの声が聞かれた。市民会館内のステージで行われた『織姫コンテスト』ではインターネット投票で選ばれた市内在住・在勤の女性5人が登場し、自分の魅力を来場者へアピールした。当日投票の結果、織姫に選ばれたのは21歳の林琴美さん。「私の名前は織姫の別名、こと座にちなんでつけられました。縁があるのかな。まさか自分が選ばれるとは」と控えめに微笑み、昨年のコンテストで彦星に選ばれた平野宏昌(こうすけ)さん(26)の隣に並んだ。
 また、地元飲食店による出店や茂原市国際交流協会による『インターナショナルカフェ』、手作り品を中心とした『茂原まるまるマルシェ』も出現。茂原郷土民芸品である「鯛ちょうちん」の販売も。
 「わぁ、きれい!」と歓声が上がったのは「天の川」の愛称で親しまれている豊田川とその周りを電飾が彩る『冬の七夕イルミネーション』。2月1日から行われており、この日が最終日。絶景を写真に収めようとカメラを手に撮影スポットを探し歩く人など来場者はそれぞれに冬の七夕を堪能した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る