ロマンティック in『冬タナ』

 2月14日に茂原市民会館周辺で行われた第2回目の『もばら冬の七夕まつり(通称、冬タナ)』。春一番の突風が吹いた午前中から19時のフィナーレまで、家族連れやカップルなど約1800人が地元の祭りを大いに楽しんだ。主催は茂原七夕まつり実行委員会。
 バレンタインデー企画として開催されたのが『Sweet婚活パーティー』。20から40代までの男女それぞれ12名が参加、意欲的な人が多く、なんと5組のカップルが誕生。「素敵な出会いに感謝」など喜びの声が聞かれた。市民会館内のステージで行われた『織姫コンテスト』ではインターネット投票で選ばれた市内在住・在勤の女性5人が登場し、自分の魅力を来場者へアピールした。当日投票の結果、織姫に選ばれたのは21歳の林琴美さん。「私の名前は織姫の別名、こと座にちなんでつけられました。縁があるのかな。まさか自分が選ばれるとは」と控えめに微笑み、昨年のコンテストで彦星に選ばれた平野宏昌(こうすけ)さん(26)の隣に並んだ。
 また、地元飲食店による出店や茂原市国際交流協会による『インターナショナルカフェ』、手作り品を中心とした『茂原まるまるマルシェ』も出現。茂原郷土民芸品である「鯛ちょうちん」の販売も。
 「わぁ、きれい!」と歓声が上がったのは「天の川」の愛称で親しまれている豊田川とその周りを電飾が彩る『冬の七夕イルミネーション』。2月1日から行われており、この日が最終日。絶景を写真に収めようとカメラを手に撮影スポットを探し歩く人など来場者はそれぞれに冬の七夕を堪能した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る