元気に明るく晴れやかに 仲間と進むランニング道 茂原健走会【茂原市】

『茂原健走会』は毎週日曜日8時半、茂原市高師の茂原公園に集まり定例練習を行う。市内緑が丘を往復する約11キロのコースをグループで走り、第3日曜日は5キロと10キロ走の記録会としている。会の設立は1977年(昭和52年)で、2017年に創立40周年を迎えた。ランニングを愛する30~80代の男女56名が在籍する。
 会では年間を通して様々な行事が目白押しだ。事前に宣言した記録と実際走った記録の誤差の短さを競う『宣言タイムレース』は、年4回。『走って歩いて3時間走』は、長柄ダム周遊3キロのコースを3時間で何周するかを競う、持久力強化を目的とした大会で年2回。いずれも健走会が主催し、一般参加も可能だ。さらに県内で行われる駅伝大会、マラソンレースへの参加、練習会とセットの花見や暑気払いもある。加えて会員はそれぞれ、東京マラソンやホノルルマラソンなどの国内外のレースに積極的に挑戦している。
 10月6日、第148回宣言タイムレースが行われた。緑が丘1周2・7キロのコースを2周するタイムで競う。年齢や体調によって1周だけ走ったり、歩くこともでき、それに応じたタイムを宣言するので、体力や走力に関わらずみな同じ土俵で競争できるのがおもしろい。もちろん腕時計は身につけない。現在83才の板谷洋望さんが入会したのは、74才の時。「目標は今の体力をいつまでも持ち続けること。毎日3キロのスローランニング、6キロのウオーキングに腹筋とスクワットをこなしています。ゆるい運動だけでは筋肉がつきませんから」という板谷さんの完走タイムは1周16分45秒、宣言タイム20分に対して誤差は3分15秒だった。
 この日の参加者17名のうち1位に輝いたのは、篠原昭義さん。2周の宣言タイム24分30秒と1秒違いの24分29秒でゴールした。「健走会に入り5年目ですが、血圧が下がり、体重も10キロ減りました。フルマラソンの自己ベストが3時間50分なので、次回のレースで3時間40分代を出すのが目標です」と語る。1位~3位には記念の盾が、4位~6位には入賞賞品が授与された。
 健走会の旗には、『体と心の健康を作る』というモットーが書かれている。気さくで話好き、はつらつと走るメンバーの姿を目にすると、真っ直ぐなこの言葉がすとんと腑に落ちる。みな口々に「会の先達への感謝」、「切磋琢磨する仲間の存在の有難さ」を語り、健走会は「生活の一部」だという。そして何よりも「走ることが楽しい」と。会員たちは互いに良き人生の伴走者でもあるのだろう。『茂原健走会』は、随時メンバーを募集中。詳しくは問い合わせを。
問合せ:茂原健走会 会長・長嶋さん
TEL.080・1013・2317

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る