バッタやトンボを捕まえるコツ

 子どもの好奇心を刺激する昆虫採集。夢中になって追いかけた思い出を持つ人も多いだろう。8月2日、5組の親子12名が参加し、加茂公民館で昆虫教室が開催された。講師の自然観察指導員・柳池(やないけ)繁さんと緑豊かな高滝湖周辺を歩き、虫採りをしながら観察を行った。
 まずは事前に室内で夏によく見かける昆虫を説明。そしてそれぞれ網を持ち、草むらのある場所に移動した。狙うのはキリギリスやバッタ。「彼らは音に敏感。こちらが草むらに入って歩き回ると、足音で逃げて出てくるので捕まえやすくなる」と、子どもの背丈は優にある草のなかへ。様々な虫の鳴き声がするなか、跳ねまわる大小のバッタを親子揃って追いかけた。虫を捕まえた子どもたちは柳池さんのもとへ。「これはクルマバッタ。後ろ羽根は黄色で、外側に車のタイヤのような黒い半円模様があるよ」など、柳池さんが虫の羽根を開いて見せ、子どもたちは興味津々。頭上を飛ぶトンボには「縄張りがあり、同じ所を旋回する。戻ってくるのを待ってみよう」と、トンボがぐるりと回って飛ぶことも確認した。
 湖畔の遊歩道や公民館近くの草むらなどをめぐり、約1時間半で捕まえたり確認した昆虫は19種類。最後は公民館で「一番たくさんいたのはショウリョウバッタモドキ。キリギリスもたくさん鳴いていたし、イトトンボ、キアゲハなどもいた。桜の木の下では、セミが地中から出てきた後の穴もたくさん見つけられたね」と今日の成果を振り返った。「いろいろな知らない虫が見られて面白かった」「暑かったけど子どもが楽しんでいたのが良かったです」と参加者。柳池さんは「捕まえた虫は、確認したら必ず離してあげること。自然の中で生きる命を大事にして、後は図鑑で自分で調べて覚えることが大切」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る