バッタやトンボを捕まえるコツ

 子どもの好奇心を刺激する昆虫採集。夢中になって追いかけた思い出を持つ人も多いだろう。8月2日、5組の親子12名が参加し、加茂公民館で昆虫教室が開催された。講師の自然観察指導員・柳池(やないけ)繁さんと緑豊かな高滝湖周辺を歩き、虫採りをしながら観察を行った。
 まずは事前に室内で夏によく見かける昆虫を説明。そしてそれぞれ網を持ち、草むらのある場所に移動した。狙うのはキリギリスやバッタ。「彼らは音に敏感。こちらが草むらに入って歩き回ると、足音で逃げて出てくるので捕まえやすくなる」と、子どもの背丈は優にある草のなかへ。様々な虫の鳴き声がするなか、跳ねまわる大小のバッタを親子揃って追いかけた。虫を捕まえた子どもたちは柳池さんのもとへ。「これはクルマバッタ。後ろ羽根は黄色で、外側に車のタイヤのような黒い半円模様があるよ」など、柳池さんが虫の羽根を開いて見せ、子どもたちは興味津々。頭上を飛ぶトンボには「縄張りがあり、同じ所を旋回する。戻ってくるのを待ってみよう」と、トンボがぐるりと回って飛ぶことも確認した。
 湖畔の遊歩道や公民館近くの草むらなどをめぐり、約1時間半で捕まえたり確認した昆虫は19種類。最後は公民館で「一番たくさんいたのはショウリョウバッタモドキ。キリギリスもたくさん鳴いていたし、イトトンボ、キアゲハなどもいた。桜の木の下では、セミが地中から出てきた後の穴もたくさん見つけられたね」と今日の成果を振り返った。「いろいろな知らない虫が見られて面白かった」「暑かったけど子どもが楽しんでいたのが良かったです」と参加者。柳池さんは「捕まえた虫は、確認したら必ず離してあげること。自然の中で生きる命を大事にして、後は図鑑で自分で調べて覚えることが大切」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る