バッタやトンボを捕まえるコツ

 子どもの好奇心を刺激する昆虫採集。夢中になって追いかけた思い出を持つ人も多いだろう。8月2日、5組の親子12名が参加し、加茂公民館で昆虫教室が開催された。講師の自然観察指導員・柳池(やないけ)繁さんと緑豊かな高滝湖周辺を歩き、虫採りをしながら観察を行った。
 まずは事前に室内で夏によく見かける昆虫を説明。そしてそれぞれ網を持ち、草むらのある場所に移動した。狙うのはキリギリスやバッタ。「彼らは音に敏感。こちらが草むらに入って歩き回ると、足音で逃げて出てくるので捕まえやすくなる」と、子どもの背丈は優にある草のなかへ。様々な虫の鳴き声がするなか、跳ねまわる大小のバッタを親子揃って追いかけた。虫を捕まえた子どもたちは柳池さんのもとへ。「これはクルマバッタ。後ろ羽根は黄色で、外側に車のタイヤのような黒い半円模様があるよ」など、柳池さんが虫の羽根を開いて見せ、子どもたちは興味津々。頭上を飛ぶトンボには「縄張りがあり、同じ所を旋回する。戻ってくるのを待ってみよう」と、トンボがぐるりと回って飛ぶことも確認した。
 湖畔の遊歩道や公民館近くの草むらなどをめぐり、約1時間半で捕まえたり確認した昆虫は19種類。最後は公民館で「一番たくさんいたのはショウリョウバッタモドキ。キリギリスもたくさん鳴いていたし、イトトンボ、キアゲハなどもいた。桜の木の下では、セミが地中から出てきた後の穴もたくさん見つけられたね」と今日の成果を振り返った。「いろいろな知らない虫が見られて面白かった」「暑かったけど子どもが楽しんでいたのが良かったです」と参加者。柳池さんは「捕まえた虫は、確認したら必ず離してあげること。自然の中で生きる命を大事にして、後は図鑑で自分で調べて覚えることが大切」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…
  2. 2020年3月23日(月)~4月中旬 茂原公園及び豊田川、一宮川沿い  茂原の中心街全体が桜色に彩られる「茂原桜まつり」が、今年も3月2…
  3.  先日、出かけた近くの山中で、枯れ木の枝にキノコがびっしりと発生していました。こんな寒い時期に出るキノコってなんだろう。もしかしてこれって野…
  4.  現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…

ピックアップ記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る