バッタやトンボを捕まえるコツ

 子どもの好奇心を刺激する昆虫採集。夢中になって追いかけた思い出を持つ人も多いだろう。8月2日、5組の親子12名が参加し、加茂公民館で昆虫教室が開催された。講師の自然観察指導員・柳池(やないけ)繁さんと緑豊かな高滝湖周辺を歩き、虫採りをしながら観察を行った。
 まずは事前に室内で夏によく見かける昆虫を説明。そしてそれぞれ網を持ち、草むらのある場所に移動した。狙うのはキリギリスやバッタ。「彼らは音に敏感。こちらが草むらに入って歩き回ると、足音で逃げて出てくるので捕まえやすくなる」と、子どもの背丈は優にある草のなかへ。様々な虫の鳴き声がするなか、跳ねまわる大小のバッタを親子揃って追いかけた。虫を捕まえた子どもたちは柳池さんのもとへ。「これはクルマバッタ。後ろ羽根は黄色で、外側に車のタイヤのような黒い半円模様があるよ」など、柳池さんが虫の羽根を開いて見せ、子どもたちは興味津々。頭上を飛ぶトンボには「縄張りがあり、同じ所を旋回する。戻ってくるのを待ってみよう」と、トンボがぐるりと回って飛ぶことも確認した。
 湖畔の遊歩道や公民館近くの草むらなどをめぐり、約1時間半で捕まえたり確認した昆虫は19種類。最後は公民館で「一番たくさんいたのはショウリョウバッタモドキ。キリギリスもたくさん鳴いていたし、イトトンボ、キアゲハなどもいた。桜の木の下では、セミが地中から出てきた後の穴もたくさん見つけられたね」と今日の成果を振り返った。「いろいろな知らない虫が見られて面白かった」「暑かったけど子どもが楽しんでいたのが良かったです」と参加者。柳池さんは「捕まえた虫は、確認したら必ず離してあげること。自然の中で生きる命を大事にして、後は図鑑で自分で調べて覚えることが大切」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る