世代が違っても、楽しむ心は同じなんだ

 8月20日(土)、菊間保健福祉センター主催で行われた『世代間交流 和風小物作り』。参加した11名(大人6、子ども5)は、講師の泉芳江さん指導のもと、約2時間半かけて牛乳パックと和紙を使って可愛らしいペン立てを完成させた。
 「初めてでも作り方は簡単です。もし困ったことがあれば、同じテーブルで助け合いましょう」と泉さん。参加者は必ずしも家族のペアではなく、初対面の小学生と60代のテーブルも多かったが、初めは緊張した面持ちの小学生も徐々に打ち解け、「早いけれど、とても丁寧に作るね」と大人達に褒められると照れ笑いを浮かべていた。作り方は以下。
 牛乳パック4枚を用意し、そのうち3枚を平面上に広げる。口の部分を切り落とし、本体部分を9センチ幅でカットする。そのまま三角形を作り両面テープで止め6個仕上げる。3個を横並びに、もう3個を向かい側に合わせて、さらに両面テープで合体させる。その時、三角形の外側部分に2重になっている箇所を持ってくるとより頑丈な作りになる。4枚目のパックを底に当て、鉛筆で六角形の外枠をなぞる。線に沿ってハサミで切った後、セロハンテープで留める。最後に和紙を糊で貼り付ければ完成だ。夏休みの宿題も、これで完璧!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る