さわやかな写真立てで、気分もさわやかに

 7月26日(日)・27日(月)、市原青少年会館で開催された『おもしろ工作』講座に、対象の小4から6年23名が集った。テーマは身近な材料を使って工作しよう。講師の君塚薫さんが館山や勝浦の海で集めた、貝殻や研磨されたビンのガラスを使って、子どもたちは写真立てを飾っていく。
 青、白、赤と色とりどりの貝やガラスを選ぶのさえ真剣な顔。並べるだけでなく、ガラスの上に貝を乗せる工夫もみられた。「並べる貝殻の大きさを変えてみました」と話す女の子や、「色を揃えたんだ!」とボンドで接着しながら言う男の子。個性が色鮮やかに映し出され、どれも世界にひとつしかない作品に仕上がっていく。その後、プラスチックカップをひっくり返して作るランプシェードに着手。カップの周りにガラスを貼り付けていく作業は、思いのほか根気がいる。「接着するのに使うホットボンドは熱くなります。きちんと注意して使いましょう」と君塚さんが机を回りながら指示を出す。「土台は大きいほうが貼りやすく、一度貼ってもとれやすいので、ボンドを流し込んでください。下のガラスと重ならないように置いていく方がいいですよ」との声に、あちこちから君塚さんを呼ぶ子ども達。
 波の音が聞こえてきそうなほど涼しげな写真立てに、この夏の思い出が飾られることだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る