ラジオ体操がつなぐ近隣の輪

 朝の6時半、北国分寺台にある『なかよし公園』。ラジオ体操の音楽が流れ出すと、四方八方から人々が集まってくる。そして約70名もの参加者がいっせいに体操を始める。子どもたちはラジオを囲み円になって、長方形の広い公園なので大人たちはそれぞれ好きな場所で。
 年中無休、小雨決行のこのラジオ体操は2008年に、ある家族の団欒から始まった。参加者が少しずつ増え、現在のような大所帯に。集まってくるのは近隣住民のほか、遠方からの散歩途中にふらっと立ち寄る人もいる。ここで一汗かいてから出勤する人も。現在は、その家族の一員だった飯野徳榮さんが代表を務めるボランティアグループ『国分寺台たすけあい』が運営している。「自由に来て自由に参加。それがいいのです」と飯野さん。取材した8月1日は夏休みで、ラジオ体操のカードを首からぶら下げた子どもたちの参加が目立った。夏休み最後の3日間は、頑張って続けた証にささやかなプレゼントを用意しているという。「近所同士、仲良くなれるのがいい。しばらく顔を見ないと、あの人どうしたのかな?と話題にのぼるので安否確認にもなる」と参加者。
 同グループのメンバーは20名。体操のほか防犯パトロール、公園内にある花壇に四季折々の花や草を植えたり、毎月第3月曜の午前中には公園清掃など美化活動にも取り組んでいる。また、同日の午後からは公園脇の集会所で地域の人を対象に茶話会を開き、カラオケや健康体操を楽しんでいる。近隣住民で積極的にコミュニケーションをとっている姿がうかがわれ、昨今、重要視されている地域のつながりの強さを感じた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る