デザイン・文字・卓球 浅葉克己を堪能する

 市原湖畔美術館が年1回企画する巨匠シリーズ、『浅葉克己展』が2016年1月11日まで開催されている。浅葉克己氏は日本を代表するアートディレクター・グラフィックデザイナー。中国雲南省の象形文字トンパ文字などを研究する地球文字探検家でもあり、文字を『情報の美』として表現する。
 本展の目玉となるのは浅葉氏の新作、小説家中島敦の短編『文字禍』に触発されたオマージュ。『文字禍』は、文字が意味の無い線の集りであると気付き、音と意味を持たせるのは文字の精霊ではないかと恐れたアッシリアの博士の物語である。
 サントリー『夢街道』、西武百貨店『おいしい生活』、ミサワホーム『家ではスローにん』など数々の広告を手がけ、卓球選手としても知られる浅葉氏。これまでの仕事をコラージュしたポスター作品などのほか、雑誌『卓球王国』の連載コラムをパネルにしたものも堪能できる。
 開館時間10時から17時まで 休館日月曜日(祝日の場合翌平日) 一般800円 65歳以上・大高生600円 中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付き添い者(1名)無料 古代オリエント博物館館長中田一郎氏のセミナー『メソポタミア文明とくさび形文字』12月23日(祝)14時から(予定)

問合せ 市原湖畔美術館
TEL 0436・98・1525

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る