デザイン・文字・卓球 浅葉克己を堪能する

 市原湖畔美術館が年1回企画する巨匠シリーズ、『浅葉克己展』が2016年1月11日まで開催されている。浅葉克己氏は日本を代表するアートディレクター・グラフィックデザイナー。中国雲南省の象形文字トンパ文字などを研究する地球文字探検家でもあり、文字を『情報の美』として表現する。
 本展の目玉となるのは浅葉氏の新作、小説家中島敦の短編『文字禍』に触発されたオマージュ。『文字禍』は、文字が意味の無い線の集りであると気付き、音と意味を持たせるのは文字の精霊ではないかと恐れたアッシリアの博士の物語である。
 サントリー『夢街道』、西武百貨店『おいしい生活』、ミサワホーム『家ではスローにん』など数々の広告を手がけ、卓球選手としても知られる浅葉氏。これまでの仕事をコラージュしたポスター作品などのほか、雑誌『卓球王国』の連載コラムをパネルにしたものも堪能できる。
 開館時間10時から17時まで 休館日月曜日(祝日の場合翌平日) 一般800円 65歳以上・大高生600円 中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付き添い者(1名)無料 古代オリエント博物館館長中田一郎氏のセミナー『メソポタミア文明とくさび形文字』12月23日(祝)14時から(予定)

問合せ 市原湖畔美術館
TEL 0436・98・1525

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る