国立歴史民俗博物館に行って来ました

先日11月3日、「文化の日」ということで!?久しぶりに佐倉にある「国立歴史民俗博物館」(通称:歴博)に行って来ました!!
何年かに1度くらいのペースでたまに行くお気に入りの場所です。

ブースは第一展示室から第六展示室まであり、原始・古代など日本の始まりから、実物資料や複製資料、復元模型などを使用して各テーマを具体的に解説しています。

shimomura02

なんと、市原市稲荷台1号墳出土から発見された
「王賜」銘鉄剣(おうしめいてっけん)の実物も展示されています!

shimomura03

ミニチュアや、等身大の模型を使ったジオラマも多いので、当時の暮らしの様子が見られます。よく出来ていて、なかなか面白いです。大きな御朱印船の模型や貴族の暮らした部屋の復元などミニチュアではない復元物も結構あります。

全部の展示を見終わった後につながるミュージアムショップでは、全国各地の博物館の図録も売っています。時間をかけて見るといろんな発見があると思います。また施設の周りは公園になっていて、散歩やベンチでくつろいでいる方々もいました。
すぐそばの佐倉城址公園では、今紅葉が見ごろになっているので、そちらとセットで歴史めぐりも楽しいと思います。

●国立歴史民俗博物館 ホームページ https://www.rekihaku.ac.jp/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る