主婦の暮らしに華やぎを 自分でネイルアート

主婦の暮らしに華やぎを
自分でネイルアート

 今春、ちはら台コミュニティセンターで『ちはら☆あらかると ネイルアート』が開催され、ネイルアートや爪の手入れに関心がある女性10名が参加した。講師は市内在住の泉康子さん。ノエビア千葉南販社代表で、カラー&ファッションアドバイザー、コスメティシャン、メイクアップクリエーター、ネイリストの肩書きを持つ30年近くコスメに関わってきた女性だ。
 参加者の皆さんは「加齢で指先や爪に張りがなくなってきたから、お手入れの方法が知りたくて」、「娘がネイルアートをやっているのを見て、自分もやってみたいなと思って」、「前々から関心があり、機会があればと思ってた」等と言い、講師の泉さんがチョイスした教材(ネイルケアセット)が配られると皆、興味津々といったかんじで説明に耳を傾ける。
 マニキュアを塗るというと、「家事をしていると剥げてしまう」とか、「塗りたいなと思っても面倒くさい気持ちが…」という声はよく聞き、しかもプラスアートするとなると、更に「どうせすぐとれちゃう」、「自分でやるにも、やり方がわからない」と二の足をふむ人が多いのでは。実際、参加者でネイルサロンに行ったことがある人は皆無だった。そんな女性心理を知り尽くした「美の伝道師」泉さんは「今日は主婦の皆さんが、お家でできる簡単なネイルアートのプログラムを。そして家事をしても大丈夫なケアの仕方を教えます。ネイルすると手の仕草に気を遣うようになります」と話し、皆、期待に目を輝かせる。
 まずは、ネイルアートをきれいに仕上げるために爪の手入れから。最初に爪を切る。といっても爪切りでパチンとやると、二枚爪になりやすいので、ヤスリ(ファイル)で削り爪の形を整える。皆の作業を見て回りながら、「爪は1カ月に3~4ミリ伸びます。爪に縦の線が入るのは加齢や乾燥のため。家事や入浴後にクリームを塗るなどしてケアを。爪に横の線が入るのは病気やストレスによるものが多い。気を付けてください。また、爪が伸びてくると皮膚から離れた部分から割れやすくなるので、その部分から上で削ってあげると割れにくくなりますよ」と丁寧に分かりやすく泉さんは話す。
 そのあと、ネイルの形を選ぶ。スクエア(角がある四角い)、スクエアオフ(角を丸くした)、ラウンド(少し丸)、オーパル(卵型)、ポイント(シャープ)の5パターンがあり、今回は爪が割れやすい人には不向きなポイントやスクエアは除き3パターンから、自分の爪の形を確認しながら選ぶ。「爪を研ぐファイリングは往復せず一方向にね」と注意を受け、ファイルで爪を研ぎ形を整える。そしてクリームをつけたウッドスティックで甘皮を押し上げ揃える。「押すのでなく端から回していく動きでクルクルやると白いカスが浮いてくる。これを取り除いてあげること」甘皮がついたままだとネイルが剥げやすくなるとか。最後に爪表面のデコボコを滑らかにするバッファーを使い磨く。ツヤツヤになった爪を見て「トップコートをつけたみたい!」、「爪が長くなった」と見とれる参加者に「こうした作業をテレビを見ながらやるのはダメ。削りすぎてしまうから」と泉さんは注意する。
 いよいよネイルを塗る。「最初にベースコートを塗る。ベースコートやマニキュアを爪先の裏にも塗るとネイルが落ちにくくなります。マニキュアに慣れてない方や少し違和感がある方は、ここまででもOK」とアドバイスを受けながらベースコートを塗り、泉さんが用意した3色、白、オレンジ、ココア色の中から自分のベースカラー(土台の色)を選ぶ。カラーリングが終わると、楊枝を使ってアート。最初に白いアクリル絵の具で、爪の上に小さな点を5つ楊枝でのせ、トップコートを塗る。それからすぐに、カラーストーンをウッドスティックでのせ、少し押して出来上がり。仕上げに再び、トップコートを塗り定着させる。家事で爪の先がはげてきたら、はげた部分だけカラーしてトップコートを塗っておけば長持ちする。
 完成した可愛い花のアートに参加者の皆さんは満足げ。指先からアンチエイジングといった印象。おしまいに、各々のネイルアートを見せ合う鑑賞会を。ひとり一人に、泉さんがコメントをして終了。11月2日(土)、3日(日)開催される、ちはら台コミュニティセンター文化祭で、泉さんのネイルアート教室が予定されている。ネイルアートに関する問い合わせは泉さんへ連絡を。文化祭に関する詳細はコミュニティセンターへ。

問合せ 泉さん
TEL 0436・74・4455
問合せ ちはら台コミュニティセンター
TEL 0436・50・2312

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る