主婦の暮らしに華やぎを 自分でネイルアート

主婦の暮らしに華やぎを
自分でネイルアート

 今春、ちはら台コミュニティセンターで『ちはら☆あらかると ネイルアート』が開催され、ネイルアートや爪の手入れに関心がある女性10名が参加した。講師は市内在住の泉康子さん。ノエビア千葉南販社代表で、カラー&ファッションアドバイザー、コスメティシャン、メイクアップクリエーター、ネイリストの肩書きを持つ30年近くコスメに関わってきた女性だ。
 参加者の皆さんは「加齢で指先や爪に張りがなくなってきたから、お手入れの方法が知りたくて」、「娘がネイルアートをやっているのを見て、自分もやってみたいなと思って」、「前々から関心があり、機会があればと思ってた」等と言い、講師の泉さんがチョイスした教材(ネイルケアセット)が配られると皆、興味津々といったかんじで説明に耳を傾ける。
 マニキュアを塗るというと、「家事をしていると剥げてしまう」とか、「塗りたいなと思っても面倒くさい気持ちが…」という声はよく聞き、しかもプラスアートするとなると、更に「どうせすぐとれちゃう」、「自分でやるにも、やり方がわからない」と二の足をふむ人が多いのでは。実際、参加者でネイルサロンに行ったことがある人は皆無だった。そんな女性心理を知り尽くした「美の伝道師」泉さんは「今日は主婦の皆さんが、お家でできる簡単なネイルアートのプログラムを。そして家事をしても大丈夫なケアの仕方を教えます。ネイルすると手の仕草に気を遣うようになります」と話し、皆、期待に目を輝かせる。
 まずは、ネイルアートをきれいに仕上げるために爪の手入れから。最初に爪を切る。といっても爪切りでパチンとやると、二枚爪になりやすいので、ヤスリ(ファイル)で削り爪の形を整える。皆の作業を見て回りながら、「爪は1カ月に3~4ミリ伸びます。爪に縦の線が入るのは加齢や乾燥のため。家事や入浴後にクリームを塗るなどしてケアを。爪に横の線が入るのは病気やストレスによるものが多い。気を付けてください。また、爪が伸びてくると皮膚から離れた部分から割れやすくなるので、その部分から上で削ってあげると割れにくくなりますよ」と丁寧に分かりやすく泉さんは話す。
 そのあと、ネイルの形を選ぶ。スクエア(角がある四角い)、スクエアオフ(角を丸くした)、ラウンド(少し丸)、オーパル(卵型)、ポイント(シャープ)の5パターンがあり、今回は爪が割れやすい人には不向きなポイントやスクエアは除き3パターンから、自分の爪の形を確認しながら選ぶ。「爪を研ぐファイリングは往復せず一方向にね」と注意を受け、ファイルで爪を研ぎ形を整える。そしてクリームをつけたウッドスティックで甘皮を押し上げ揃える。「押すのでなく端から回していく動きでクルクルやると白いカスが浮いてくる。これを取り除いてあげること」甘皮がついたままだとネイルが剥げやすくなるとか。最後に爪表面のデコボコを滑らかにするバッファーを使い磨く。ツヤツヤになった爪を見て「トップコートをつけたみたい!」、「爪が長くなった」と見とれる参加者に「こうした作業をテレビを見ながらやるのはダメ。削りすぎてしまうから」と泉さんは注意する。
 いよいよネイルを塗る。「最初にベースコートを塗る。ベースコートやマニキュアを爪先の裏にも塗るとネイルが落ちにくくなります。マニキュアに慣れてない方や少し違和感がある方は、ここまででもOK」とアドバイスを受けながらベースコートを塗り、泉さんが用意した3色、白、オレンジ、ココア色の中から自分のベースカラー(土台の色)を選ぶ。カラーリングが終わると、楊枝を使ってアート。最初に白いアクリル絵の具で、爪の上に小さな点を5つ楊枝でのせ、トップコートを塗る。それからすぐに、カラーストーンをウッドスティックでのせ、少し押して出来上がり。仕上げに再び、トップコートを塗り定着させる。家事で爪の先がはげてきたら、はげた部分だけカラーしてトップコートを塗っておけば長持ちする。
 完成した可愛い花のアートに参加者の皆さんは満足げ。指先からアンチエイジングといった印象。おしまいに、各々のネイルアートを見せ合う鑑賞会を。ひとり一人に、泉さんがコメントをして終了。11月2日(土)、3日(日)開催される、ちはら台コミュニティセンター文化祭で、泉さんのネイルアート教室が予定されている。ネイルアートに関する問い合わせは泉さんへ連絡を。文化祭に関する詳細はコミュニティセンターへ。

問合せ 泉さん
TEL 0436・74・4455
問合せ ちはら台コミュニティセンター
TEL 0436・50・2312

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る