「地域の足」を住民と協働で確保 市原市が国土交通大臣表彰を受賞

 市内、青葉台地区を走る『あおばす』、南総地区を走る『コスモス南総』、戸田地区を走る『デマンド戸田』と養老地区を走る『ようろう号』。これらは、市内における交通空白・不便地域で運行されているコミュニティバスとデマンドタクシーで、地域住民が主体となって運営している公共交通機関だ。生活の足を確保しようと検討を重ねる地域住民の努力を市がサポートすることで運行が実現。 その取り組みを評価された市原市は、7月に地域公共交通優良団体国土交通大臣表彰を受けた。
「行政だけで考えるのではなく、市民と協働して取り組んだことがよかった。継続させるには、住民の方々に主体的に関わっていただくことが不可欠。これからも地域の足を守っていきたい」と交通政策課課長の若菜一繁さん。
 具体的に市が行っている支援は、運行経費の2分の1を上限とした運行赤字への補助や助言、交通事業者との橋渡しなど。利用は、デマンドタクシーは千円の登録料を払った上で1人1回の運賃が約500円、コミュニティバスは登録料なしで100から280円。どちらも、駅、スーパーや病院など生活関連施設を回る。
 今年、10年目の運行を迎える『あおばす』は利用者が増え、3年後には小湊バスによる一般路線バス営業に移行することを検討中。だが、その他の地域では利用者が少なく、経費の不足分を地域が補って運行している。解決策として、国の地方創生策による交付金を活用し、デマンドタクシー運行地区では登録会員へ無料体験乗車券を配布している。
 高齢になり免許を手放すことになったとき、地域を走る交通機関が必要となりはしないだろうか。お近くの方、特に登録済みの方は試しに一度乗車してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る