「地域の足」を住民と協働で確保 市原市が国土交通大臣表彰を受賞

 市内、青葉台地区を走る『あおばす』、南総地区を走る『コスモス南総』、戸田地区を走る『デマンド戸田』と養老地区を走る『ようろう号』。これらは、市内における交通空白・不便地域で運行されているコミュニティバスとデマンドタクシーで、地域住民が主体となって運営している公共交通機関だ。生活の足を確保しようと検討を重ねる地域住民の努力を市がサポートすることで運行が実現。 その取り組みを評価された市原市は、7月に地域公共交通優良団体国土交通大臣表彰を受けた。
「行政だけで考えるのではなく、市民と協働して取り組んだことがよかった。継続させるには、住民の方々に主体的に関わっていただくことが不可欠。これからも地域の足を守っていきたい」と交通政策課課長の若菜一繁さん。
 具体的に市が行っている支援は、運行経費の2分の1を上限とした運行赤字への補助や助言、交通事業者との橋渡しなど。利用は、デマンドタクシーは千円の登録料を払った上で1人1回の運賃が約500円、コミュニティバスは登録料なしで100から280円。どちらも、駅、スーパーや病院など生活関連施設を回る。
 今年、10年目の運行を迎える『あおばす』は利用者が増え、3年後には小湊バスによる一般路線バス営業に移行することを検討中。だが、その他の地域では利用者が少なく、経費の不足分を地域が補って運行している。解決策として、国の地方創生策による交付金を活用し、デマンドタクシー運行地区では登録会員へ無料体験乗車券を配布している。
 高齢になり免許を手放すことになったとき、地域を走る交通機関が必要となりはしないだろうか。お近くの方、特に登録済みの方は試しに一度乗車してみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  2.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  3.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  4. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  5.  長生郡長南町市野々の丘陵地帯に、公益財団法人日本生態系協会が運営する樹木葬墓地『森の墓苑』がある。苑内では、『森と草はらの再生プロジェ…
  6.  茂原市で活動するチェンソーカービング同好会『くさりのこくらぶ』では、4月に『アマビエ様』を制作、茂原市内に設置した。代表の木一吉さん(きい…
  7. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る