フルコース

文と絵 山口高弘

 連絡がなかった親友から便りがありました。写真の中で奥さんと、小さな命を抱いている。無事に産まれたんだ。出産祝いを用意して、僕は会いに行きました。
 休日の古いビルの隙間にある、事務所の階段の下。夜7時、弁護士をしている彼が、無精ひげを生やして職場から現れました。「仕事が多くて連休も事務所に缶詰めで。今日は赤ん坊に会わせる時間がない、ごめん」大丈夫、そのうちに。「産まれてから俺もあまり会えてなくて。夕食なら時間が取れる、行こう」しかし連休のビジネス街はどの食堂も閉まっていて、見つけた店は老舗の高級レストランでした。入るしか、ないか。
 ピカピカの床の上を、無精ひげの親友とジーンズの僕がつかつか歩いていきます。半個室の向こうで、着飾った家族連れがぎょっとしている。若い女性客が驚いてフォークを止めました。「場違いだね」僕らは男二人です。ふざけ半分で、恋人達が記念日を祝うようなフルコースを注文しました。
 蝶ネクタイをしたおじいさん従業員が、洒落た手つきで水を注ぎます。前菜です。父親になるのはどんな気持ち? 親友に尋ねました。「実感はまだ…。出産に立ち会う予定が、裁判の日と重なっちゃって」スープを経て、ヒレ肉のステーキにナイフを当てます。「奥さんには感謝してる。これからたくさん愛情あげないと」肉の香りが口に広がりました。親友も奥さんもとても忙しいのに、安易な愚痴をこぼさない人です。大丈夫。赤ちゃんは芯のある子になる。
 甘いケーキとプリンの後は、苦みの効いたコーヒーでした。甘い新婚生活を経て、現実に父になった親友。「おめでとう!」僕は万感の思いで祝いの品を彼に渡しました。隣の若い女性客達が勘違いして、嬉しそうに言いました。「ねっ、あの二人、やっぱりカップルだよ」

☆山口高弘 1981年市原生まれ。小学校4年秋から1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月からイラストを掲載、06年から本連載を開始。「微笑ましい場面や声が聞こえてきそうな瞬間を、イラストやエッセイの中でお伝えしていければと思っております。今年もよろしくお願いいたします」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る