フルコース

文と絵 山口高弘

 連絡がなかった親友から便りがありました。写真の中で奥さんと、小さな命を抱いている。無事に産まれたんだ。出産祝いを用意して、僕は会いに行きました。
 休日の古いビルの隙間にある、事務所の階段の下。夜7時、弁護士をしている彼が、無精ひげを生やして職場から現れました。「仕事が多くて連休も事務所に缶詰めで。今日は赤ん坊に会わせる時間がない、ごめん」大丈夫、そのうちに。「産まれてから俺もあまり会えてなくて。夕食なら時間が取れる、行こう」しかし連休のビジネス街はどの食堂も閉まっていて、見つけた店は老舗の高級レストランでした。入るしか、ないか。
 ピカピカの床の上を、無精ひげの親友とジーンズの僕がつかつか歩いていきます。半個室の向こうで、着飾った家族連れがぎょっとしている。若い女性客が驚いてフォークを止めました。「場違いだね」僕らは男二人です。ふざけ半分で、恋人達が記念日を祝うようなフルコースを注文しました。
 蝶ネクタイをしたおじいさん従業員が、洒落た手つきで水を注ぎます。前菜です。父親になるのはどんな気持ち? 親友に尋ねました。「実感はまだ…。出産に立ち会う予定が、裁判の日と重なっちゃって」スープを経て、ヒレ肉のステーキにナイフを当てます。「奥さんには感謝してる。これからたくさん愛情あげないと」肉の香りが口に広がりました。親友も奥さんもとても忙しいのに、安易な愚痴をこぼさない人です。大丈夫。赤ちゃんは芯のある子になる。
 甘いケーキとプリンの後は、苦みの効いたコーヒーでした。甘い新婚生活を経て、現実に父になった親友。「おめでとう!」僕は万感の思いで祝いの品を彼に渡しました。隣の若い女性客達が勘違いして、嬉しそうに言いました。「ねっ、あの二人、やっぱりカップルだよ」

☆山口高弘 1981年市原生まれ。小学校4年秋から1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月からイラストを掲載、06年から本連載を開始。「微笑ましい場面や声が聞こえてきそうな瞬間を、イラストやエッセイの中でお伝えしていければと思っております。今年もよろしくお願いいたします」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る