太陽光利用型植物工場完成

次世代農法の普及や農地再生に取り組む

 市内奈良に太陽光利用型植物工場『おひさま耕房』が完成し、3月末、地元関係者や報道陣に披露会が行われた。同工場は日本リノ・アグリ株式会社(千葉市緑区・中村伸雄社長)が竣工、稼働開始した。『おひさま耕房』は、効率的な生産が可能な多段式栽培棚や、特殊な光拡散シートと床面シートの採用による太陽光活用、身体に優しい葉物野菜を生産する循環水による節水・独自の溶液コントロールなど最先端の栽培技術が採用されているのが特徴。「自然と技術の融合」を目指す。
 工場の鉄骨フレーム7棟には栽培室や発芽室育苗室、作業場などがあり、20種類以上の葉物野菜を1日3千株を生産・出荷できる。出荷先は首都圏の小売店や飲食店、シンガポールなどアジア圏の富裕層をターゲットに「日本製の安心・安全の美味しい葉物野菜」をブランド化し輸出も行う。
 披露会で同社の中村社長は「地域資源の利活用と先進技術を融合した農業の再構築により地域に合ったまちづくりを目指していく。苦労は多いが市原に骨を埋める覚悟で取り組む」と語り、小出市長は「市内では農業従事者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など問題も。この工場を新たな活力を生む産業、地方創生の取り組みの一環として次世代産業を推進していきたい。市原産の野菜を国内外に広めてほしい」と期待を寄せた。また、試食会で農業委員を務める菊岡たつ子市議会議員は「味が濃くて瑞々しい。根付きで鮮度が保たれているのはいいですね」と話した。

問合せ 日本リノ・アグリ株式会社
TEL 043・321・2010

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る