鼻歌の交差点

文と絵 山口高弘

 ピカピカの朝日が窓から差し込んで自然と目が覚めました。カーテンがゆっくりと揺れている。新緑の息吹がやわらかい風に乗り、部屋に薫っています。僕はストレッチをして朝の散歩に出かけました。輝く木々、雲ひとつない完璧に晴れた空。大きく息を吸い込むと、身体の中まで青空になっていくのを感じました。…という夢を見たゴールデンウイーク。しかし現実には布団から起きる気がせず、窓からの青葉の香りに誘われて二度寝、三度寝。夕方頃、やっと枕元でごそごそ本を読み始めます。テレビを点けると渋滞した高速道路の映像が流れて、「ああ、出かけなくて良かった」とつくづく思います。
 本を読み終えると次の一冊が欲しくなりました。歩いて買いに行こうか。僕はようやく布団から這い出し、薄暮の住宅地を本屋へ向かって歩き始めました。小さなコウモリが電線と軒下の間を飛び回っています。ドクダミのむっとした匂いがしました。動植物がいきいきと息づいている。つい、鼻歌が出ました。コウモリが歌詞に出てくる夏のヒット曲です。すると、後ろから来た小型バイクが僕と同じ歌を歌って通り過ぎました。気が合うじゃないか!きっと同世代だな。
 坂を下りると、この街に来たサーカスの赤いテントが見えます。ワクワクする。僕は、また自然と鼻歌を歌っていました。季節外れの冬の歌。歌の中身?いいや、関係ない。風が美味いんだもの。外で歌を口ずさみたくなる、それが5月です。
 交差点の信号が青になりました。若い女性が乗った自転車からすれ違いざまに「愛してるー」と声が聞こえました。彼女も歌っていたのです。ちょっと良い気分になったこの時、僕は、財布を部屋に忘れてきたのを思い出しました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る