鼻歌の交差点

文と絵 山口高弘

 ピカピカの朝日が窓から差し込んで自然と目が覚めました。カーテンがゆっくりと揺れている。新緑の息吹がやわらかい風に乗り、部屋に薫っています。僕はストレッチをして朝の散歩に出かけました。輝く木々、雲ひとつない完璧に晴れた空。大きく息を吸い込むと、身体の中まで青空になっていくのを感じました。…という夢を見たゴールデンウイーク。しかし現実には布団から起きる気がせず、窓からの青葉の香りに誘われて二度寝、三度寝。夕方頃、やっと枕元でごそごそ本を読み始めます。テレビを点けると渋滞した高速道路の映像が流れて、「ああ、出かけなくて良かった」とつくづく思います。
 本を読み終えると次の一冊が欲しくなりました。歩いて買いに行こうか。僕はようやく布団から這い出し、薄暮の住宅地を本屋へ向かって歩き始めました。小さなコウモリが電線と軒下の間を飛び回っています。ドクダミのむっとした匂いがしました。動植物がいきいきと息づいている。つい、鼻歌が出ました。コウモリが歌詞に出てくる夏のヒット曲です。すると、後ろから来た小型バイクが僕と同じ歌を歌って通り過ぎました。気が合うじゃないか!きっと同世代だな。
 坂を下りると、この街に来たサーカスの赤いテントが見えます。ワクワクする。僕は、また自然と鼻歌を歌っていました。季節外れの冬の歌。歌の中身?いいや、関係ない。風が美味いんだもの。外で歌を口ずさみたくなる、それが5月です。
 交差点の信号が青になりました。若い女性が乗った自転車からすれ違いざまに「愛してるー」と声が聞こえました。彼女も歌っていたのです。ちょっと良い気分になったこの時、僕は、財布を部屋に忘れてきたのを思い出しました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る