鼻歌の交差点

文と絵 山口高弘

 ピカピカの朝日が窓から差し込んで自然と目が覚めました。カーテンがゆっくりと揺れている。新緑の息吹がやわらかい風に乗り、部屋に薫っています。僕はストレッチをして朝の散歩に出かけました。輝く木々、雲ひとつない完璧に晴れた空。大きく息を吸い込むと、身体の中まで青空になっていくのを感じました。…という夢を見たゴールデンウイーク。しかし現実には布団から起きる気がせず、窓からの青葉の香りに誘われて二度寝、三度寝。夕方頃、やっと枕元でごそごそ本を読み始めます。テレビを点けると渋滞した高速道路の映像が流れて、「ああ、出かけなくて良かった」とつくづく思います。
 本を読み終えると次の一冊が欲しくなりました。歩いて買いに行こうか。僕はようやく布団から這い出し、薄暮の住宅地を本屋へ向かって歩き始めました。小さなコウモリが電線と軒下の間を飛び回っています。ドクダミのむっとした匂いがしました。動植物がいきいきと息づいている。つい、鼻歌が出ました。コウモリが歌詞に出てくる夏のヒット曲です。すると、後ろから来た小型バイクが僕と同じ歌を歌って通り過ぎました。気が合うじゃないか!きっと同世代だな。
 坂を下りると、この街に来たサーカスの赤いテントが見えます。ワクワクする。僕は、また自然と鼻歌を歌っていました。季節外れの冬の歌。歌の中身?いいや、関係ない。風が美味いんだもの。外で歌を口ずさみたくなる、それが5月です。
 交差点の信号が青になりました。若い女性が乗った自転車からすれ違いざまに「愛してるー」と声が聞こえました。彼女も歌っていたのです。ちょっと良い気分になったこの時、僕は、財布を部屋に忘れてきたのを思い出しました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る