養老川でアユを楽しむ

 昔は天然アユが遡上していたという養老川。6月から9月末まではアユ釣りのシーズンとなり、上流の渓流には多くの釣り師が訪れる。
 アユを養殖し、稚魚を毎年放流している養老川漁業協同組合では、国本の事務所で、アユの友釣りに使う「おとりアユ」と、アユ釣りに必要な遊漁証を販売している。さらに投網も8月10日に解禁。川の中で投網を打つ姿も、養老川では夏の風物詩だ。
 また、9月初旬までアユのつかみ取りも実施している。プール状にした浅く大きな水場にアユを放すので、大人も子どもも安全に、水遊び感覚で楽しめる。つかまえたアユは塩焼きにして食べることもでき、かなりの人気。要予約なので、日時を確認とのこと。小湊鉄道のトロッコ列車が走るには、養老渓谷駅前でアユの塩焼きも販売中。渓流の旬の味をぜひどうぞ。

●養老川漁業協同組合
市原市国本64の1
TEL 0436・96・0765
・おとりアユ:午前6時、1尾600円
・遊漁料:アユ日釣り証2160円、アユ年釣り証7560円、投網は別料金 アユ以外のオイカワ、ウグイ、ウナギなど雑魚日釣り証640円、雑魚年釣り証4320円
・アユのつかみ取り:1尾400円・要予約 アユの塩焼きは+200円
http://www.yourougawa.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る