養老川でアユを楽しむ

 昔は天然アユが遡上していたという養老川。6月から9月末まではアユ釣りのシーズンとなり、上流の渓流には多くの釣り師が訪れる。
 アユを養殖し、稚魚を毎年放流している養老川漁業協同組合では、国本の事務所で、アユの友釣りに使う「おとりアユ」と、アユ釣りに必要な遊漁証を販売している。さらに投網も8月10日に解禁。川の中で投網を打つ姿も、養老川では夏の風物詩だ。
 また、9月初旬までアユのつかみ取りも実施している。プール状にした浅く大きな水場にアユを放すので、大人も子どもも安全に、水遊び感覚で楽しめる。つかまえたアユは塩焼きにして食べることもでき、かなりの人気。要予約なので、日時を確認とのこと。小湊鉄道のトロッコ列車が走るには、養老渓谷駅前でアユの塩焼きも販売中。渓流の旬の味をぜひどうぞ。

●養老川漁業協同組合
市原市国本64の1
TEL 0436・96・0765
・おとりアユ:午前6時、1尾600円
・遊漁料:アユ日釣り証2160円、アユ年釣り証7560円、投網は別料金 アユ以外のオイカワ、ウグイ、ウナギなど雑魚日釣り証640円、雑魚年釣り証4320円
・アユのつかみ取り:1尾400円・要予約 アユの塩焼きは+200円
http://www.yourougawa.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る