荒れ地に強いアキノノゲシ

 毎日同じ道を歩き、道端や草地に咲くアキノノゲシに気付けばもう秋の始まり。日増しに増える花が腰から胸ぐらいの高さになれば秋真っ盛り。道端に咲く野草の中でも大きい方なのでよく目立つ。花が開くのは日中だけで、夜間や雨の日はつぼんだままになる。始めに咲いた花がタンポポの綿毛を小さくしたような冠毛のついた種子に変わりはじめ、綿毛ばかりになると秋はもう終わり。秋の始まりから終わりまで楽しませる野草だ。
 アキノノゲシ(秋の野罌粟)はキク科アキノノゲシ属の1?2年草。大きさ2センチぐらいの花は円錐状の頭花で淡黄色。中には白色に近いものや淡紫色のものもあるらしい。葉は互生で長さ10?30センチ。下部の葉は大きく羽状に裂ける。上部にいくにつれ、切れ込みは小さく、全縁になる。
 アキノノゲシの名の由来は、春に咲くキク科ノゲシ属ノゲシに対してという。春に咲く○○と似たものが秋に咲いて、アキノ○○と名付けられたものが数種類ある。間違えるほど似ているとは思えないが、○○の別名にハルノ○○とつけて分けられるものもある。ノゲシもそうだ。
 ノゲシ(野罌粟)の名は、ケシ科ケシ属のケシに葉が似ているからだという。ケシ(罌粟)の名は、実が罌(かめ)に、種が粟(あわ)に似ているからだという。名は体を表すというが、由来に基づくものを知らねば、同種と間違えられる大雑把な名づけ方だ。アキノノゲシからケシの花を想像するのは難しい。が、レタスやサラダ菜もアキノノゲシ属なのでよく似た花が咲くそうだ。家庭菜園などで見たことがある方はうんうんと肯けるかと思う。
 荒地に強いアキノノゲシはどこへ行っても見られる。市原の自然は豊かで素晴らしい。いつまでも大切に残したい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る