荒れ地に強いアキノノゲシ

 毎日同じ道を歩き、道端や草地に咲くアキノノゲシに気付けばもう秋の始まり。日増しに増える花が腰から胸ぐらいの高さになれば秋真っ盛り。道端に咲く野草の中でも大きい方なのでよく目立つ。花が開くのは日中だけで、夜間や雨の日はつぼんだままになる。始めに咲いた花がタンポポの綿毛を小さくしたような冠毛のついた種子に変わりはじめ、綿毛ばかりになると秋はもう終わり。秋の始まりから終わりまで楽しませる野草だ。
 アキノノゲシ(秋の野罌粟)はキク科アキノノゲシ属の1?2年草。大きさ2センチぐらいの花は円錐状の頭花で淡黄色。中には白色に近いものや淡紫色のものもあるらしい。葉は互生で長さ10?30センチ。下部の葉は大きく羽状に裂ける。上部にいくにつれ、切れ込みは小さく、全縁になる。
 アキノノゲシの名の由来は、春に咲くキク科ノゲシ属ノゲシに対してという。春に咲く○○と似たものが秋に咲いて、アキノ○○と名付けられたものが数種類ある。間違えるほど似ているとは思えないが、○○の別名にハルノ○○とつけて分けられるものもある。ノゲシもそうだ。
 ノゲシ(野罌粟)の名は、ケシ科ケシ属のケシに葉が似ているからだという。ケシ(罌粟)の名は、実が罌(かめ)に、種が粟(あわ)に似ているからだという。名は体を表すというが、由来に基づくものを知らねば、同種と間違えられる大雑把な名づけ方だ。アキノノゲシからケシの花を想像するのは難しい。が、レタスやサラダ菜もアキノノゲシ属なのでよく似た花が咲くそうだ。家庭菜園などで見たことがある方はうんうんと肯けるかと思う。
 荒地に強いアキノノゲシはどこへ行っても見られる。市原の自然は豊かで素晴らしい。いつまでも大切に残したい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る