私のひとり言 相川浩 ~ゴルフを思う~

「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注目され続けることだろう。
以前、私が作成した「いちはらの郷土かるた」には、『変化あるゴルフの銀座日本一』という句がある。市原には、自然を活かした特徴的なゴルフコースが多く、それぞれ変化を持たせファンを魅了している。私のゴルフとの出合いは中学時代(1961年頃)。近くにゴルフ場ができ、キャディ不足との事から仲間と何度かバッグを担いだ。当時ゴルフは夢と思っていたが、会社に入るとゴルフの話題も多くなり職場のゴルフコンペも盛大になる。当時はテニスをしていたこともあり興味は薄かったが、仲間に加わろうと30代中頃に本の購入などから始めた。
その後、造成工事中のゴルフ場に二人の子供を連れて見に行った。大型重機が動き回るパワーを初めて間近にした思いから、このゴルフ場の会員となり(愛称「三喜会」、自然を愛しプレー出来る喜び・健康である喜び・快適な会話を交わす喜び)、30年近く多くの仲間と楽しむことが出来た。
また仕事でモロッコへの出張中、ゴルフの原点とも言える体験をした。INの10番ティーグランドに自分のボールを置き待ち、順番が来たのでグランドに上がったら、キャディから「OUTからの人が来られました」と声を掛けられ、その人が先に打つことになった。プレーした年配のフランス人ご夫婦は軽く会釈し、セルフカートを引きながら朝のウオーキングの様に通り過ぎて、非常に爽やかな印象だった。ゴルフは緑の中、老若男女健康の喜びと長く付き合える素晴らしい魅力あるスポーツであり、今でも楽しんでいる。

・相川浩:市原市出身。三井造船で定年まで勤め、退職直後の平成20年、自宅敷地にギャラリー・和更堂を設立。多くの郷土の芸術家と交流する。「更級日記千年紀の会」事務局担当。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る