日本列島誕生秘話!?セキレイ(写真↑ハクセキレイ)

 アスファルト上をウオーキングしながら尾を上下に振り、チョコチョコ動き回る野鳥を目にしたことがあるのではないでしょうか。ハクセキレイです。人をあまり恐れず、愛嬌を振りまきながら忙しそうに歩き回ります。一年中見られる身近な野鳥として親しまれています。顔全体が白っぽく、過眼線が黒いのが特徴です。世界的に分布しており、最も目にするセキレイの仲間です。
 一方、里山の水辺には、ハクセキレイとは真逆の、顔全体が黒く眉斑のみが白いセグロセキレイがいます。日本固有種で、海外の野鳥愛好家からあこがれの一種とされています。更に清流には、お腹が黄色のキセキレイが生息しています。ハクセキレイ同様、日本以外にも広範囲に分布しているようです。
 皆全長20㎝程度、同様に尾を上下に振り、歩き回る可愛らしい野鳥です。この3種の見分け方ですが、キセキレイは黄色であるので他と識別可能です。ハクセキレイとセグロセキレイは、前記したように顔の白黒で見分けることができます。飛翔の際の声でも識別可能で、「チチッ、チチッ…」と鳴くのがハクセキレイ、「ジジッ、ジジッ」と濁って鳴くのがセグロセキレイ。すなわち「父」と「爺」です。覚えておくといいかもしれません。
 セキレイに関して面白い逸話があります。『日本書紀』には、天から降りてきたイザナギノミコトとイザナミノミコトが、セキレイが尾を上下に振る動きを見て夫婦和合の方法を知り、次々と子ども(=島や神)を生んだと記されています。神話によると日本列島の誕生には、セキレイが関与していたようです!! 今の季節は、野鳥繁殖の時期です。野鳥たちもセキレイに教えてもらったのでしょうか?

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る