日本列島誕生秘話!?セキレイ(写真↑ハクセキレイ)

 アスファルト上をウオーキングしながら尾を上下に振り、チョコチョコ動き回る野鳥を目にしたことがあるのではないでしょうか。ハクセキレイです。人をあまり恐れず、愛嬌を振りまきながら忙しそうに歩き回ります。一年中見られる身近な野鳥として親しまれています。顔全体が白っぽく、過眼線が黒いのが特徴です。世界的に分布しており、最も目にするセキレイの仲間です。
 一方、里山の水辺には、ハクセキレイとは真逆の、顔全体が黒く眉斑のみが白いセグロセキレイがいます。日本固有種で、海外の野鳥愛好家からあこがれの一種とされています。更に清流には、お腹が黄色のキセキレイが生息しています。ハクセキレイ同様、日本以外にも広範囲に分布しているようです。
 皆全長20㎝程度、同様に尾を上下に振り、歩き回る可愛らしい野鳥です。この3種の見分け方ですが、キセキレイは黄色であるので他と識別可能です。ハクセキレイとセグロセキレイは、前記したように顔の白黒で見分けることができます。飛翔の際の声でも識別可能で、「チチッ、チチッ…」と鳴くのがハクセキレイ、「ジジッ、ジジッ」と濁って鳴くのがセグロセキレイ。すなわち「父」と「爺」です。覚えておくといいかもしれません。
 セキレイに関して面白い逸話があります。『日本書紀』には、天から降りてきたイザナギノミコトとイザナミノミコトが、セキレイが尾を上下に振る動きを見て夫婦和合の方法を知り、次々と子ども(=島や神)を生んだと記されています。神話によると日本列島の誕生には、セキレイが関与していたようです!! 今の季節は、野鳥繁殖の時期です。野鳥たちもセキレイに教えてもらったのでしょうか?

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る