かつて戦に挑んだ武士に想いを馳せて

 12月9日(日)まで、千葉県立中央博物館大多喜城分館で開催されている企画展『房総ゆかりの甲冑』。関東圏に存在する甲冑のうち、今回の企画展では56点という大規模な展示に至った。「室町時代から江戸時代までの甲冑の変遷をみると面白いです。皮や鉄が素材の小さく縦長の短冊形をした小札を紐で編んだものが、安土桃山時代には糸を使わずに鉄板を鋲で留める形に変化していきます。そして、5枚の鉄板で身体周りを覆う五枚胴具足は関東一帯の広範な地域で独自に発達した特徴があり、特に注目してみていただけたら」と語るのは、同館の主任上席研究員の高橋覚さん。
 胴丸や当世具足などが多く並べられた会場。重さ15~20㎏の甲冑は主にオーダーメイドで仕立てたもののため、胴回りや小札の段数によって、かつて着用していた武士の体型を推し量ることができる。また、「兜は漆で塗ってあるんですが、装飾としてアワビを埋め込んでいるものもあります。房総ゆかりの甲冑としては、佐倉藩主だった堀田家や、江戸時代に使われた大多喜の武士の甲冑をご覧ください」と、高橋さんは続けた。
 いつの時代も同様で、武士の間でさえ流行は付き物。家紋以外の模様や色に表わされるポイントが洒落ているものもあった。会場には甲冑のほか、大砲のレプリカや面頬コレクション、御貸具足の本などの展示あり。古代から中世、近世へと発展した甲冑を見れば、歴史にさらに興味が湧くかも。開館時間9~16時30分。休館日は※が祝日の場合は開館、翌日休館)。料金は一般300円、高大生は150円。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る