ゴルフは高齢者から子どもまで楽しめるスポーツ

 深緑輝く気持ち良い季節到来。暑かったり寒かったり変な陽気が続き、体調がイマイチという方、多いのでは?こんな時期だからこそオススメしたいのがゴルフ。だるさが抜けない心身に心地良い刺激を与え、コンディションを整え、元気に夏を迎えましょう!
 小学生から高齢者まで楽しめるゴルフは、今や大衆スポーツ。「お金がかかる、プレーは1日がかり」というイメージは過去のもの。現在、プレー料金はひと昔前の1/3ほど。道具代も中古なら格安。レンタルもあります。そして『早朝プレー』や昼から夕方にかけてのハーフプレー『薄暮プレー』などのプランもあり、丸1日つぶれることなく、空き時間を利用してのプレーも楽しめます。
 ゴルフの魅力について挙げられるのが、★開放的な広いグリーンというロケーションでストレス解消、リフレッシュできる★年をとっても続けられる★意識することなく距離を歩き運動不足解消できる★年齢や性別を問わないので家族や職場、趣味の仲間ともプレーできる★マナーを覚えることで社会性が身につく★ただ歩くのではなく様々なシチュエーションのコースを考えながらプレーするので認知症予防が期待され健康寿命がのびる等々。
 日本一ゴルフ場の多い市原市。ふだん意識することは少ないと思いますが、ゴルフをする上で恵まれた環境にある私たち。市原市役所経済部商工業振興課の齋藤昭廣さんは「昨年、市内のゴルフ場利用者は171万人。市外が7割で市内は3割。遠方から来る方は交通費や時間がかかりますが、市民の皆様はそのような負担なく利用できます。是非、気軽にゴルフを楽しんでもらえたら」と話す。
 他にも、市内外で人気の体験イベント『手ぶらdeゴルフ』(主催・市原市、市原市ゴルフ場連絡協議会)を実施。ひとつは一般向けにゴルフを始めるきっかけを市内のゴルフ場で提供、ゴルファー人口を増やし、市原でゴルフを覚え、市原のゴルフ場でプレーしてもらうことを目的にしたプログラム。もうひとつは、市内の小学生たちに、ゴルフ場日本一を体感してもらう『ふるさと学習』として、ゴルフ場見学とゴルフ体験を行うプログラム。ゴルフ場の地域貢献と共に将来のゴルファー育成やゴルフ場スタッフ確保が狙い。
 開催情報は、まず市の広報誌で告知されるので、市民の皆様は一足早く情報をゲットできます。
 また、昨夏スタートした『いちはらゴルフ場巡り33』(主催・市原市、市原市ゴルフ場連絡協議会)は、市内のゴルフコース33カ所全てでプレーすると、養老渓谷温泉旅館ペア宿泊券などの豪華賞品が貰えるスタンプラリー。全てでなくても、5カ所、11カ所、22カ所目でも地元名産品や農産物のプレゼントあり。4月30日時点で参加者は3349名と大人気です。33カ所完全達成者は2名。女性の参加も25%と多いとか。
 ゴルフ場に親しむきっかけづくりにピッタリなのが、ゴルフ場クラブハウス内にあるレストラン。「開放感あふれるコースを眺めながら食事が楽しめる」と大好評。市内には一般に開放しているゴルフ場が多いので、市のHPを参考に出かけてみては(要予約)。
 年齢や体力、技量などに応じて自分のペースで楽しめるゴルフ。皆が楽しく取り組める生涯スポーツです。是非、あなたも始めてみませんか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る