身近な食材で菓子づくり

 5月下旬、加茂公民館主催で行われた『季節の和菓子』講座。管理栄養士の大曽根実ゑ子さんとJA市原女性部・やまゆりの会の皆さんを講師に、16名が参加し、夏みかんとフキの砂糖菓子、4種類の具材の蒸し菓子を作った。「身近な食材のお菓子なので、ぜひ自宅でもアレンジして作ってください」と大曽根さん。
 砂糖菓子の夏みかんの皮とフキは、事前にアク抜き済み。夏みかんの皮は厚く剥き、白いわた部分も使う。作り方は簡単。水に皮と砂糖を入れ、とろ火で煮ながら、さらに砂糖を2回に分けて入れ、汁気がなくなるまで煮る。グラニュー糖、きな粉を混ぜたグラニュー糖の2種類を用意、皮が熱いうちにまぶして冷ます。フキも夏みかん同様に、芯に砂糖が染みるように煮て、グラニュー糖と混ぜた抹茶をつける。
 次は具材が4種類の蒸し菓子。生地は卵を水でほぐし、砂糖・サラダ油をそれぞれ加えては混ぜ、最後に地粉(中力粉)とベーキングパウダーを加えて混ぜる。具材は、グリーンピースとチーズ入り、青のり・すり白ごま・サクラエビにちくわ入り、ヒジキの煮物と豆の甘煮入り、カボチャ入りに夏みかんピールを乗せたもの。作り方は生地を作るときに1種類の具材を混ぜ、紙ケースに入れて10分蒸すだけ。その間に次の具材の生地を作って蒸すことを繰り返し、短時間で4種類を仕上げた。
 「煮物や豆類は、市販のものを使うととても簡単にできますよ」と大曽根さん。参加者は「フキの抹茶が上品。みかんの捨てていたワタもこんなに美味しいなんて驚きです」と感心しきり。「蒸し菓子は色々な具材で作れて、子どもが喜びそう。食事にもいいですよね」と試食を楽しみ、自宅にも持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る