身近な食材で菓子づくり

 5月下旬、加茂公民館主催で行われた『季節の和菓子』講座。管理栄養士の大曽根実ゑ子さんとJA市原女性部・やまゆりの会の皆さんを講師に、16名が参加し、夏みかんとフキの砂糖菓子、4種類の具材の蒸し菓子を作った。「身近な食材のお菓子なので、ぜひ自宅でもアレンジして作ってください」と大曽根さん。
 砂糖菓子の夏みかんの皮とフキは、事前にアク抜き済み。夏みかんの皮は厚く剥き、白いわた部分も使う。作り方は簡単。水に皮と砂糖を入れ、とろ火で煮ながら、さらに砂糖を2回に分けて入れ、汁気がなくなるまで煮る。グラニュー糖、きな粉を混ぜたグラニュー糖の2種類を用意、皮が熱いうちにまぶして冷ます。フキも夏みかん同様に、芯に砂糖が染みるように煮て、グラニュー糖と混ぜた抹茶をつける。
 次は具材が4種類の蒸し菓子。生地は卵を水でほぐし、砂糖・サラダ油をそれぞれ加えては混ぜ、最後に地粉(中力粉)とベーキングパウダーを加えて混ぜる。具材は、グリーンピースとチーズ入り、青のり・すり白ごま・サクラエビにちくわ入り、ヒジキの煮物と豆の甘煮入り、カボチャ入りに夏みかんピールを乗せたもの。作り方は生地を作るときに1種類の具材を混ぜ、紙ケースに入れて10分蒸すだけ。その間に次の具材の生地を作って蒸すことを繰り返し、短時間で4種類を仕上げた。
 「煮物や豆類は、市販のものを使うととても簡単にできますよ」と大曽根さん。参加者は「フキの抹茶が上品。みかんの捨てていたワタもこんなに美味しいなんて驚きです」と感心しきり。「蒸し菓子は色々な具材で作れて、子どもが喜びそう。食事にもいいですよね」と試食を楽しみ、自宅にも持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る