絶品イチジク煮味の秘密はコレ

 姉崎台でイチジク農家を営む相川敏子さんが教える、有秋公民館主催事業『市原の郷土料理』が開かれた。参加者男女12名を手伝ったのは相川さんの知人の大島さんと篠塚さん。10月4日午後、はじめに千葉の味、祭りずしの椿の花と四海巻きを作った。
 「初めて作る」と楽しそうに挑戦していたのは山口県から転入してきたばかりという30代女性や市原在住36年という女性。地元出身の60代男性は「昔、祭りずしは冠婚葬祭のときに必ず出た。各家に決まった作り方があったなあ。葬儀のときに赤い具を使わないなど気を使っていた」と懐かしんでいた。巻き終わり、待ちきれない参加者が試しに切ると周囲から「わあ、きれい」と歓声があがった。
 続いて毎年11月に姉崎で開く門前市の大人気商品、相川さんの家に伝わるイチジクのしょう油煮を作った。作り方は以下の通り。鍋でイチジクを湯がく(硬い秋物は耳たぶほど柔らかくなるまで水煮)。砂糖約100グラム、蜂蜜大さじ1、レモン4分の1、必要なら煮汁を少し加え約20分煮る。一度冷まして、しょう油大さじ1を加え汁が無くなるまで再び火を入れる。「2、3日天日干しにすると味が濃厚になる」そうだ。
 イチジクの収穫期は8月から11月まで。「水はけがよくアルカリ性の腐葉土に近い柔らかな土が糖度の高いイチジクを実らせる」とのこと。甘い香りが漂う調理室で「完熟イチジクの生の味も知ってほしい」とお土産が手渡されると参加者は嬉しそうに受け取っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  2.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  3.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  4.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  5.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  6.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  7.  8月21日(日)、四街道市文化センターで開催される『家族で楽しめる弦楽四重奏』。(公財)千葉県文化振興財団と(公財)四街道市地域振興財団が…
  8.  市原市在住の早田佳穂里(そうだかほり・作家名ことほき)さんは、自身が作成した『切り絵』や『仕掛け工作』などの展示会を開催している。会場はい…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る