絶品イチジク煮味の秘密はコレ

 姉崎台でイチジク農家を営む相川敏子さんが教える、有秋公民館主催事業『市原の郷土料理』が開かれた。参加者男女12名を手伝ったのは相川さんの知人の大島さんと篠塚さん。10月4日午後、はじめに千葉の味、祭りずしの椿の花と四海巻きを作った。
 「初めて作る」と楽しそうに挑戦していたのは山口県から転入してきたばかりという30代女性や市原在住36年という女性。地元出身の60代男性は「昔、祭りずしは冠婚葬祭のときに必ず出た。各家に決まった作り方があったなあ。葬儀のときに赤い具を使わないなど気を使っていた」と懐かしんでいた。巻き終わり、待ちきれない参加者が試しに切ると周囲から「わあ、きれい」と歓声があがった。
 続いて毎年11月に姉崎で開く門前市の大人気商品、相川さんの家に伝わるイチジクのしょう油煮を作った。作り方は以下の通り。鍋でイチジクを湯がく(硬い秋物は耳たぶほど柔らかくなるまで水煮)。砂糖約100グラム、蜂蜜大さじ1、レモン4分の1、必要なら煮汁を少し加え約20分煮る。一度冷まして、しょう油大さじ1を加え汁が無くなるまで再び火を入れる。「2、3日天日干しにすると味が濃厚になる」そうだ。
 イチジクの収穫期は8月から11月まで。「水はけがよくアルカリ性の腐葉土に近い柔らかな土が糖度の高いイチジクを実らせる」とのこと。甘い香りが漂う調理室で「完熟イチジクの生の味も知ってほしい」とお土産が手渡されると参加者は嬉しそうに受け取っていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  2.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  3.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  4.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  5.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  6. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  7. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  8.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る