故杉田守康氏の記念像建立へ 地元有志が委員会設立

来年5月、髙瀧神社境内に

 元千葉県議会議員で、2013年5月6日に逝去した故杉田守康氏(享年77)の記念像と顕彰碑の建立が進められている。出身地でもある市原市万田野の有志によって建立委員会が設立され、杉田氏の7回忌にあたる来年5月、同市高滝の髙瀧神社境内に設置される計画だ。
 杉田氏は東京・深川生まれ。太平洋戦争の激化に伴い、7歳の時に父の実家である万田野に疎開し、地域のリーダーとして成長。1969年に後の「杉田グループ」の中心となる杉田建材有限会社を立ち上げ、実業家としての第一歩を踏み出した。産業廃棄物の焼却や埋め立てなど環境事業を幅広く展開するとともに99年には経営危機に陥った社会福祉法人「昭和村」の経営権を引き取るなど地域福祉の発展にも情熱を注いだ。
 79年6月には周囲からの後押しで市原市議選に出馬、初当選を果たすと95年6月まで5期連続当選。90年と94年に市議会議長を務めるなど市政発展に寄与した。99年4月には佐久間隆義氏の市長選出馬に伴い、「市原市南部の灯を消すわけにはいかない」と県議選に立候補し初当選。さらに2期目、3期目も上位当選を果たすなど歴代知事や県執行部の信頼を勝ち取り、県政発展に尽力。2011年4月、東日本大震災直後に行われた4期目の選挙でも当選したが、任期途中で病に倒れ、逝去した。議員歴は市議、県議合わせて9期、34年間に及び、13年5月31日に旭日中授章を受章している。
 実業家、政治家として長年にわたり市原市の発展に寄与してきた杉田氏の功績を後世に残したい、と万田野町会の有志らが今年5月に「杉田守康先生記念像・顕彰碑建立委員会」(委員長・杉田政行万田野町会長)を設立。計画では髙瀧神社の境内に記念の立像、万田野自治会館の敷地内に顕彰碑を設置する。また、記念誌の刊行も進めており、完成はいずれも来年5月の予定。
 杉田委員長は「市原市を大事にし、実業家、政治家として多くの実績を残された杉田先生の功績を後世に伝えるため事業の完遂を目指しています。皆様のご賛同とご協力をよろしくお願いします」と話している。

委員会のホームページは
https://sugita-zou.com/

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る