朗読で物語の世界を堪能

 5月末、五井公民館で開催された講座『癒しの朗読』。同公民館のサークル『朗読の会山百合』メンバーが出演し、当日集まった70名を物語や詩の世界に引き込んだ。
 最初は谷川俊太郎の詩『生きる』。一節ずつ交代で読む輪読で、はっきりと聞きやすい読み手の言葉と声は、あっという間に参加者を集中させた。小川未明の創作童話『赤いろうそくと人魚』は、登場人物・地文を担当で分ける朗読劇で。人魚の娘と人間の間に紡がれる、不思議で独特な哀感を描き出した。滝沢馬琴作の『南総里見八犬伝・八房と伏姫』は、物語を暗誦する語り。幾人もの登場人物を声で演じ分ける語り手に、参加者は臨場感ある幾つものシーンに聞き入っていた。
 休憩後は、女流詩人・金子みすゞの世界。みすゞの作品を探し紹介した児童文学作家・矢崎節夫の解説と12編の詩を、ひとりずつ交代で読み上げた。室内を暗くし、スクリーンで詩を映し出す演出は、優しく深いみすゞの詩の世界をじっくり味わってもらうため。最後は会の講師で元フジテレビアナウンサー、山川さんの朗読で、動物写真家・星野道夫のエッセイ『旅をする木』より2編を紹介した。山川さんは、「昔から惹かれていた星野さんの作品。生きている、ということを朗読を通じ感じて頂けたら」と話し、自然を深く見つめて連綿と続く生命を想う作者の言葉を、穏やかながらも力強く読んだ。
 他にも松谷みよ子の短編や向田邦子のエッセイ、齊藤隆介の物語なども朗読され、参加者は、「それぞれの情景が自然に浮かんで来た。知らない物語も良く分かって素晴らしい」「とても面白かった。語りの八犬伝は、凄く引き込まれて、続きも聞きたくなりました」と様々な本の世界を充分に楽しんだ。やまゆりの会では随時会員を募集中。興味ある方は五井公民館へ連絡を。

TEL 0436・22・2121

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  房総丘陵の豊かな自然に恵まれた長生郡長南町。深い緑に抱かれて、季節の花々も美しい。『野見金公園』と『熊野の清水公園』は、町民が丹精込めた手…
  2.  市原を中心とした房総の地域史を調査・研究している「房総古代道研究会」は、このたび調査報告書『市原市の六十六部廻国供養塔』と会誌『房総古代道…
  3.  ツルナは、海辺の砂地に生える海浜植物。花は黄色、葉は肉厚で三角からひし形のような形です。表面は細かい粒状突起に被われているので、ざらつき白…
  4. 「書は人の生き方に通じます。山があり谷があり、ピークはどこ、四季の移ろいは、といつも言うんです」と穏やかな笑顔で語るのは、かな書道講師の野…
  5.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  6.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  7.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 2021年6月16日市原市より新型コロナワクチン接種に係る64歳以下の方への接種券の発送及び65歳以上の方の予約枠の追加についての情報が公開…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る