朗読で物語の世界を堪能

 5月末、五井公民館で開催された講座『癒しの朗読』。同公民館のサークル『朗読の会山百合』メンバーが出演し、当日集まった70名を物語や詩の世界に引き込んだ。
 最初は谷川俊太郎の詩『生きる』。一節ずつ交代で読む輪読で、はっきりと聞きやすい読み手の言葉と声は、あっという間に参加者を集中させた。小川未明の創作童話『赤いろうそくと人魚』は、登場人物・地文を担当で分ける朗読劇で。人魚の娘と人間の間に紡がれる、不思議で独特な哀感を描き出した。滝沢馬琴作の『南総里見八犬伝・八房と伏姫』は、物語を暗誦する語り。幾人もの登場人物を声で演じ分ける語り手に、参加者は臨場感ある幾つものシーンに聞き入っていた。
 休憩後は、女流詩人・金子みすゞの世界。みすゞの作品を探し紹介した児童文学作家・矢崎節夫の解説と12編の詩を、ひとりずつ交代で読み上げた。室内を暗くし、スクリーンで詩を映し出す演出は、優しく深いみすゞの詩の世界をじっくり味わってもらうため。最後は会の講師で元フジテレビアナウンサー、山川さんの朗読で、動物写真家・星野道夫のエッセイ『旅をする木』より2編を紹介した。山川さんは、「昔から惹かれていた星野さんの作品。生きている、ということを朗読を通じ感じて頂けたら」と話し、自然を深く見つめて連綿と続く生命を想う作者の言葉を、穏やかながらも力強く読んだ。
 他にも松谷みよ子の短編や向田邦子のエッセイ、齊藤隆介の物語なども朗読され、参加者は、「それぞれの情景が自然に浮かんで来た。知らない物語も良く分かって素晴らしい」「とても面白かった。語りの八犬伝は、凄く引き込まれて、続きも聞きたくなりました」と様々な本の世界を充分に楽しんだ。やまゆりの会では随時会員を募集中。興味ある方は五井公民館へ連絡を。

TEL 0436・22・2121

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…
  2. 2020年3月23日(月)~4月中旬 茂原公園及び豊田川、一宮川沿い  茂原の中心街全体が桜色に彩られる「茂原桜まつり」が、今年も3月2…
  3.  先日、出かけた近くの山中で、枯れ木の枝にキノコがびっしりと発生していました。こんな寒い時期に出るキノコってなんだろう。もしかしてこれって野…
  4.  現代美術を展示する、築150年の古民家ギャラリー「夏庭」。かつての農家を一部改築し、長柄の広がる田園風景のなか、質の高い芸術作品をゆったり…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…

ピックアップ記事

  1.  市原市姉崎にある飯島マザーズクリニックは、飯島信博院長のもと、出産をはじめ女性特有の疾患の予防や診療を専門的に行う一方、プールやスタジオな…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る