朗読で物語の世界を堪能

 5月末、五井公民館で開催された講座『癒しの朗読』。同公民館のサークル『朗読の会山百合』メンバーが出演し、当日集まった70名を物語や詩の世界に引き込んだ。
 最初は谷川俊太郎の詩『生きる』。一節ずつ交代で読む輪読で、はっきりと聞きやすい読み手の言葉と声は、あっという間に参加者を集中させた。小川未明の創作童話『赤いろうそくと人魚』は、登場人物・地文を担当で分ける朗読劇で。人魚の娘と人間の間に紡がれる、不思議で独特な哀感を描き出した。滝沢馬琴作の『南総里見八犬伝・八房と伏姫』は、物語を暗誦する語り。幾人もの登場人物を声で演じ分ける語り手に、参加者は臨場感ある幾つものシーンに聞き入っていた。
 休憩後は、女流詩人・金子みすゞの世界。みすゞの作品を探し紹介した児童文学作家・矢崎節夫の解説と12編の詩を、ひとりずつ交代で読み上げた。室内を暗くし、スクリーンで詩を映し出す演出は、優しく深いみすゞの詩の世界をじっくり味わってもらうため。最後は会の講師で元フジテレビアナウンサー、山川さんの朗読で、動物写真家・星野道夫のエッセイ『旅をする木』より2編を紹介した。山川さんは、「昔から惹かれていた星野さんの作品。生きている、ということを朗読を通じ感じて頂けたら」と話し、自然を深く見つめて連綿と続く生命を想う作者の言葉を、穏やかながらも力強く読んだ。
 他にも松谷みよ子の短編や向田邦子のエッセイ、齊藤隆介の物語なども朗読され、参加者は、「それぞれの情景が自然に浮かんで来た。知らない物語も良く分かって素晴らしい」「とても面白かった。語りの八犬伝は、凄く引き込まれて、続きも聞きたくなりました」と様々な本の世界を充分に楽しんだ。やまゆりの会では随時会員を募集中。興味ある方は五井公民館へ連絡を。

TEL 0436・22・2121

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る