ほのぼの手作り つるし柿

 秋の風物詩、民家の軒下に吊される干し柿を模した和飾りを縫う手芸教室『つるし柿作り』が開催された。10月22日、道の駅『あずの里いちはら』の市原ふるさとハウスに集まったのは女性10人。講師は、道の駅の土産物コーナーに手作り品を出品する廣部由美子さんが務めた。主催は(一社)市原市観光協会。
 見本は単色だが、用意されたのは絞りや小紋の端布で、紅色、薄茶、緑など色とりどりの正絹。まず、10センチほどの細長い布に接着剤を付けコヨリにし、軸を作っておく。柿の形の布を中表にしてフチを縫い、表に返して綿を詰め、口の部分を中に折り込む。1、2センチ下をぐし縫いして縫い縮め、口を外側に返し、糸で4カ所止めてヘタを作る。ヘタの中心に接着剤で軸を固定すれば本体は出来上がり。柿は10個作る。
 81歳の女性は「手先を使って縫うのは大変」と言いつつ、廣部さんに縫い方を教わるとすぐに一つ完成させた。ところが、細長い布2本をより合わせ柿を吊るす紐を作る工程はうまくいかず、なかには「昔は草履の鼻緒を作った」と楽しそうに作業を進める女性もいたが、ほとんどの参加者が廣部さんの手を借りることになった。
 1時間半で教室は終了。「また、参加したい」とお礼を言って帰る参加者たちに「喜んでもらい嬉しい」と笑顔を返す廣部さん。13年前に夫を亡くしたあと手芸をはじめ、「着物地の人形やウサギに癒された」とのこと。完成した吊るし柿を飾れば、懐かしく、ほのぼのとした気持ちになれそう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る