ほのぼの手作り つるし柿

 秋の風物詩、民家の軒下に吊される干し柿を模した和飾りを縫う手芸教室『つるし柿作り』が開催された。10月22日、道の駅『あずの里いちはら』の市原ふるさとハウスに集まったのは女性10人。講師は、道の駅の土産物コーナーに手作り品を出品する廣部由美子さんが務めた。主催は(一社)市原市観光協会。
 見本は単色だが、用意されたのは絞りや小紋の端布で、紅色、薄茶、緑など色とりどりの正絹。まず、10センチほどの細長い布に接着剤を付けコヨリにし、軸を作っておく。柿の形の布を中表にしてフチを縫い、表に返して綿を詰め、口の部分を中に折り込む。1、2センチ下をぐし縫いして縫い縮め、口を外側に返し、糸で4カ所止めてヘタを作る。ヘタの中心に接着剤で軸を固定すれば本体は出来上がり。柿は10個作る。
 81歳の女性は「手先を使って縫うのは大変」と言いつつ、廣部さんに縫い方を教わるとすぐに一つ完成させた。ところが、細長い布2本をより合わせ柿を吊るす紐を作る工程はうまくいかず、なかには「昔は草履の鼻緒を作った」と楽しそうに作業を進める女性もいたが、ほとんどの参加者が廣部さんの手を借りることになった。
 1時間半で教室は終了。「また、参加したい」とお礼を言って帰る参加者たちに「喜んでもらい嬉しい」と笑顔を返す廣部さん。13年前に夫を亡くしたあと手芸をはじめ、「着物地の人形やウサギに癒された」とのこと。完成した吊るし柿を飾れば、懐かしく、ほのぼのとした気持ちになれそう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る