【市原市】家での時間をより快適に

 3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師に、2名の受講生が暖かいソックス作りを学んだ。「底があって弾力性をもち、とても履きやすく暖かいです。引き上げ長編みという方法を使うので、難しさは中級。編み方さえ覚えてしまえば、手袋などにも応用がききます」と、中村さん。
参加者は久しぶりの編み物体験とあって、少々緊張気味。「時間つぶしにちょうどいいんです。ちょっと別のことを考えながら編んでいると、網目を間違えてほどくこともありますが、それも楽しいです」、「10年振りにやりました。着なくなったセーターをほどいて、また作ろうかな」と話す参加者。
今回の『室内履きを編む』は、「暑かったり寒かったりする日々の中、家で過ごす時間の多い主婦に快適に過ごしてもらいたい」という中村さんの思いから開催された。ピンクの毛糸に白い縁編みを施すと、暖かさだけでなく可愛らしさも抜群。自分の足の形に合わせながら編んでいくことができ、糸の太さも自由に変更が可能だという。
家では、一日履いたら夜は脱いで休ませてあげること。お湯ではなく、必ず水で洗うこと。洗濯機に入れて洗剤で洗って問題ないが、ネットに入れてあげることなどの注意点も教えられた。さらに、「乾かす時はタオルの上などに置いて平らな場所で。風通しのいい日陰においてあげてください」とのこと。なにより得難いのは、編み終えた達成感かもしれない!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る