【市原市】家での時間をより快適に

 3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師に、2名の受講生が暖かいソックス作りを学んだ。「底があって弾力性をもち、とても履きやすく暖かいです。引き上げ長編みという方法を使うので、難しさは中級。編み方さえ覚えてしまえば、手袋などにも応用がききます」と、中村さん。
参加者は久しぶりの編み物体験とあって、少々緊張気味。「時間つぶしにちょうどいいんです。ちょっと別のことを考えながら編んでいると、網目を間違えてほどくこともありますが、それも楽しいです」、「10年振りにやりました。着なくなったセーターをほどいて、また作ろうかな」と話す参加者。
今回の『室内履きを編む』は、「暑かったり寒かったりする日々の中、家で過ごす時間の多い主婦に快適に過ごしてもらいたい」という中村さんの思いから開催された。ピンクの毛糸に白い縁編みを施すと、暖かさだけでなく可愛らしさも抜群。自分の足の形に合わせながら編んでいくことができ、糸の太さも自由に変更が可能だという。
家では、一日履いたら夜は脱いで休ませてあげること。お湯ではなく、必ず水で洗うこと。洗濯機に入れて洗剤で洗って問題ないが、ネットに入れてあげることなどの注意点も教えられた。さらに、「乾かす時はタオルの上などに置いて平らな場所で。風通しのいい日陰においてあげてください」とのこと。なにより得難いのは、編み終えた達成感かもしれない!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る