蜜蜂たちにも人間や他の動物たちと同じ様に個性があります。忙しく動き回っている蜂、着地でひっくり返る慌てん坊の蜂、花粉を脚で目一杯運んで来る働き者もいれば、ほんの少ししか運ばないちゃっかり者など。スズメバチと勇敢に戦う蜂もいれば一目散に逃げてしまう蜂もいます。きっと巣箱の中では、人間の社会と同じ様に喧嘩やお喋り、悲しい事や嬉しい事など、色々な出来事が起こっているに違いありません。夏にあれ程いた大群も、冬の最後にはマグカップ一杯分程の数にまで落ち込んでしまいます。群れが無事冬を越せるか否かは、本当にギリギリの所で行われているのです。
さて今回のレシピ。我が家に来るレバーの苦手なお客様に、敢えてレバーのパスタを試食して貰う事があります。最初は恐る恐る不安そうに一口だけ食べますが、すぐに表情が変わって「美味しい!」と、皆さん見事に苦手意識を克服していかれます。
 レバーはよく血を洗い落とし、臭みをしっかりと取りさえすればとてもコクがあり、しかも栄養豊富なのですから、敬遠している手はありません。ジビエ料理のイノシシの肉など、しっかりと血を抜いた肉とそうでない物との間では美味しさに差が出るのと同じ理由です。
レバーはビタミンA、B2、必須アミノ酸、鉄分などが豊富に含まれ、動脈硬化、粘膜保護、貧血などに効果があります。今回使用のハーブのパセリにも、ビタミンK、E、Cや鉄分、カリウムなどのミネラルが豊富で、抗発ガン、免疫賦活作用や髪の毛の健康、視力維持などにも効果があるとされています。

★レバーのパスタ
●材料(2人分)
パスタ160g、鶏レバー4個、玉ねぎ(縦に薄切り)1個、ニンニク(微塵切り) 2片、鷹の爪1本、赤ワイン50ml、イタリアンパセリ(微塵切り、普通のパセリでも可) 大匙4、フォンドボー大匙2、塩胡椒 少々、トッピング用パセリ(微塵切り) 、オリーブオイル大匙6
●作り方
①レバーに切込みを入れ、中の血を流水下で洗い落とす。豆乳か牛乳の中に十分に浸る様にし、半日ほど漬けて臭みを取る。
②熱したフライパンにオリーブオイルをひき、ニンニク、鷹の爪を入れて弱火にかける
③玉ねぎを加え、飴色になるまで20分程炒める。
④鶏レバーを2㎝幅に切って③に加え、強火で炒めながら塩胡椒を加える。
⑤赤ワイン、フォンドボー、パセリを加え、かき混ぜながら軽く煮込む。
⑥別の鍋でパスタを茹で、⑤に移してよく絡める。
⑦さらに塩胡椒で味を整え、皿に盛ったら残りのパセリをトッピングする。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  2.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  3. 誰もが親しんだことのある輪投げ。その輪投げにルールや用具を独自に整備して、新しいスポーツとして発展させたのが『公式ワナゲ』だ。千葉市中央区の…
  4.  4月は春の花が美しいですね!私は特にスミレの仲間が大好きです。千葉県では珍しいマキノスミレが咲く山があります。毎年見に行っていると、このス…
  5.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  6. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  7.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…
  8. 目(アイ)の形の木製プレート上で、様々な色や形の料理が美味しそうに映えている。各料理のすべてに市原産の農産物が使われた、この『i(あい)プレ…
  9.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  10.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

ピックアップ記事

  1.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る