ふるさとビジター館 活き活きと生えるハマウド

ふるさとビジター館
活き活きと生えるハマウド

 冬のこの時期、養老川河口域にあるアシ原は、アシが枯れ一面ベージュ色に染まり、生き物の気配もなく寂々たる感じがします。しかし、そのような中で、光沢のある深い緑色の葉を持ち、活き活きとしてひときわ目に付くのがハマウドです。
 ハマウドは、海岸や海辺などに生える大型の多年草で、高さは約1.5~2mと人の背丈ぐらいになります。この時期は既に30cm程度の高さに成長し、初夏の花期頃には一番の高さになります。茎は太く暗紫色の縦線があり、密に集まった白色の小さな花は、全体でカリフラワーのように見えます。名の由来は、「浜に生えるウド」からきていますが、山菜のウドとは全くの別種。ウドはウコギ科、ハマウドはセリ科です。
 ハマウドは、千葉県レッドデータブックに掲載されている希少種などではありませんが、市原市内では、おそらく養老川河口域が唯一の生育地であると思います。範囲は、国道16号線養老大橋周辺にあるアシ原の縁辺部や石積護岸の石のすき間などに限られています。アシやセイタカアワダチソウなどの優勢により、年々、個体数が減少しているハマヒルガオやコウボウシバなどの同じ海浜植物に比べると安定した生育状況です。
 その理由としては、他の植物が成長する前に既に成長し、草丈を高くしていることから、他の植物との生存競争に負けないこと、また、草丈が高いので種子の散布範囲がある程度広く、発芽条件の良い環境に散布されるチャンスが多いためであると考えます。
 これから冬本番なのに日々成長しているハマウドを見ると、何だかすぐそこまで春が近づいてきているような感じがして、心が華やぎます。
ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る