ふるさとビジター館 活き活きと生えるハマウド

ふるさとビジター館
活き活きと生えるハマウド

 冬のこの時期、養老川河口域にあるアシ原は、アシが枯れ一面ベージュ色に染まり、生き物の気配もなく寂々たる感じがします。しかし、そのような中で、光沢のある深い緑色の葉を持ち、活き活きとしてひときわ目に付くのがハマウドです。
 ハマウドは、海岸や海辺などに生える大型の多年草で、高さは約1.5~2mと人の背丈ぐらいになります。この時期は既に30cm程度の高さに成長し、初夏の花期頃には一番の高さになります。茎は太く暗紫色の縦線があり、密に集まった白色の小さな花は、全体でカリフラワーのように見えます。名の由来は、「浜に生えるウド」からきていますが、山菜のウドとは全くの別種。ウドはウコギ科、ハマウドはセリ科です。
 ハマウドは、千葉県レッドデータブックに掲載されている希少種などではありませんが、市原市内では、おそらく養老川河口域が唯一の生育地であると思います。範囲は、国道16号線養老大橋周辺にあるアシ原の縁辺部や石積護岸の石のすき間などに限られています。アシやセイタカアワダチソウなどの優勢により、年々、個体数が減少しているハマヒルガオやコウボウシバなどの同じ海浜植物に比べると安定した生育状況です。
 その理由としては、他の植物が成長する前に既に成長し、草丈を高くしていることから、他の植物との生存競争に負けないこと、また、草丈が高いので種子の散布範囲がある程度広く、発芽条件の良い環境に散布されるチャンスが多いためであると考えます。
 これから冬本番なのに日々成長しているハマウドを見ると、何だかすぐそこまで春が近づいてきているような感じがして、心が華やぎます。
ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る