つるでかごを作ろう

つるでかごを作ろう

1月26日に千葉県いすみ環境と文化のさとセンターで『つるでかごを作ろう』が行われ、晴天の寒空の下、18名が参加した。まずは3つの班に分かれ、それぞれをスタッフが先導してつる取りに。「成長しすぎると他の植物にからみつき枯らせてしまうので、つるを切ることが森の整備にもつながる」スタッフからの説明の後、センター裏の細い林道に入る班の後に続いた。手が届きやすいところにつるはなかなか見つからない。やっと見つけたつるは池に突き出した枝に巻きついている。男性スタッフが池に落ちないように気をつけながら、長い竹の先にハサミがついた道具でつるをほどきながらカットしていき、参加者がそれを引っ張る。かなり大変な作業だ。「全然お役に立てないわ」と苦笑いする女性参加者。土手に取りに行った班の女性は「細いものが簡単に取れましたよ」と答えた。「つるを取るところから始めるから面白いんですよ」とスタッフ。
午後からは、いすみ市在住の農家、尾形信保さんを講師にセンターの庭でかご編み。取ってきたのは主にフジ、クズ、アケビのつるだ。アケビのつるは強く、曲げても折れにくいので使いやすい。太めのたて芯を十文字に置き、細いつるで固定する。そして中くらいのつるでたて芯の間を上下交互に編んでいく。足で押さえたり抱え込んだりしながらきつく締めていく。困ったときには数人いるスタッフが心強い味方。たて芯の端をとなりの穴に差し込み、持ち手をつけると風情のあるつるかごの出来上がり。寒さも忘れてもくもくと作業に取り組む参加者たち。初めての人も、自然教室などで自ら教えるために参加した人も、味のある自分だけの作品を手に満足した様子で帰っていった。
問合せ 千葉県いすみ環境と文化のさとセンター
TEL 0470・86・5251

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る