絵で自分を表現

歴史や文学は受け身
絵で自分を表現

 悲しげで憂いを秘めた女性。どこか儚さも漂う。「なぜか、似たような雰囲気のモデルを選んでしまうのです。静かだが個性的なところに惹かれてしまうのかも」と話すのは山武市在住の齋藤永良さん(64)だ。30歳代、写実画の団体である白日会の公募展『白日展』に応募し受賞するようになると、「とんとん拍子に白日会の会員になれた」そう。だが、「画家として自立したいとか売れたいという会員の気持ちと僕はちょっと違って、大きな声では言えないですけれど、僕は趣味の延長のような感覚で絵を描いてきたので、プロの多い白日会は辞めてしまったのです」
 というのも、もちろん小さいころから絵を描くのは大好き。高校へ進学すると美術部にも所属し美大も勧められた。しかし、受験勉強で日本史の面白さにハマり、「とにかく東京へ行きたかった」と上智大学文学部へ。「大学紛争の時代でロックアウトがあったり、勉強はしなかったですね(笑)。美術研究所などへ通ってデッサンの勉強は続けていましたけど」と話す齋藤さんが選んだその後の就職先は、高校の日本史教師だった。そう教職につきながら絵を描き続けていたのだ。
 県立流山高校から東金高校、成東高校、東金商業と移ったが、「どこの高校へ行っても、美術部か漫画研究会の顧問ができたのはラッキーでした」と振り返る。といっても「大学進学のための日本史の授業もしっかりやったつもりです」と。そんな日々の中、白日会を辞めた後も、家に帰ると自室で絵を描く生活は続けていた。結果、「上野の公募展に入選し、銀座の画廊で個展も開くことができました。振り返ってみると、できたらいいなというささやかな夢が叶っていました」と、実績は趣味の延長に留まらない。
 東金高校時代、美術教師として赴任してきた今もモダンアート協会などで活躍する芝章一さんと出会い、公募展への出品を後押ししてもらった。そんな芝さんや東金近郊に住む画家たちで作る『八鶴の会』での作品展は、今夏も東金のサンピアで開催された。そのかたわら、月に1回、山武市中央公民館で講座『日本史の会』を持ち、時々会員とともに歴史散歩にも出ているという。「歴史や文学は受け身から脱せませんが、絵は自分で創造している。自分を表現するとストレスが減るでしょう。絵を描いていると肩こりが治ったりするから。合っているのでしょうね。絵と歴史はこれからもずっと関わっていくと思います」と齋藤さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る