全国でも珍しい陶器のお雛様

『とうがね近江びな祭り』開催中

 3月3日まで、東金市の道の駅みのりの郷東金にあるカフェ&リストランテとっチーノで『第二回とうがね近江びな祭り』が開催され、多くの来場者で賑わっている。
 会場に展示された陶びなは約250組。制作したのは、同ひな祭りの主催・異業種交流会『チームとうがね』の皆さん。「東金を元気にしたい」という共通の思いを持つ、東金市および周辺地域に住む女性たちだ。昨年の展示会に訪れて、会の趣旨に賛同し参加者は5名増え、17名が出品。
 前回は約150組の陶びなを出品したが、「陶器のおひな様は珍しい」、「可愛くて上品」、「リーズナブル」と大好評で完売し、「もっと、たくさんのおひな様を」という声を受け、今回は250組を出品。
 同会代表の立体造形作家・松本展しさんは、「町の活性化のために、市外からも人を呼べる新たなイベントをと考えました。徳川家綱の乳母、近江の局は家康が鷹狩りの折、宿泊所に使った東金御殿を家光より貰い受けたという、東金にゆかりのある人。そこで、近江の局をモチーフにした陶びなを作ることに。各地に雛祭りイベントはありますが、見て楽しむものがほとんど。だから、気に入ったおひな様があれば、買うこともでき、更に、制作体験もできるような他にはない企画でと決めました」と語る。※制作体験は日曜日の14時から。
 創作活動の一環で、陶びなを手がけていた松本さんの指導のもと、『チームとうがね』の皆さんは毎月、東金市内にある松本さんのアトリエで制作に励む。「昨年より明らかに皆のやる気が盛り上がっていると感じます。このイベントを定着させるには、後進を育てることが必要」と松本さん。
 自身は国内外の展覧会や個展に出展し、数多くの受賞も。昨夏、国民宿舎サンライズ九十九里で立体造形作品の個展を開催。その折に出品し人気が高かった鉄と真紅のバラのオブジェも今回出品。カフェエリアと展示スペースの間に置かれている。
 陶芸の土の温かさを残しながらも、彫刻的に作られたひな人形は繊細な仕上がりになっている。また、今年、松本さん制作の女びなの髪型は、髷を近代的にアレンジしたものもあるので、従来の女びなと比べてみるのも一興。開催時間10~17時。

問合せ チームとうがね
TEL 0475・52・0675

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る