のびやかな発想で好きなものをカタチに

 2月下旬、茂原市の市民ギャラリーで、千葉県生涯大学校外房学園陶芸専攻科7期生 卒業作品展が行われた。17名の作品が展示され、「個性的」、「こんなものを陶芸で作れるなんて」と来場者から賞賛の言葉が聞かれた。
 会場に詰めていた7期生の宮崎勝さんは陶芸歴10年以上。花器や器などを出品。「庭のユリを図形化して表現した」とのこと。千葉市の奨励賞を受けたこともある実力派。

 一方、「猫より犬の方が好き」と言いつつも「ひとり猫展」と笑っていたのは、坪井紋子さん。全作品すべて猫。ちょっとコワイ猫、福々しい猫や愛くるしい猫等、様々な猫が堪能できた。彼女もやはり陶芸歴は10年以上。
 陶芸科に入校する皆さんの7割ほどは初心者だというが、「先生がテーマを決めるのではなく、個々の持ち味を生かし、好きなものを表現するようにと指導してくれる」と宮崎さんが言う通り、一人ひとりの発想の豊かさに、観る者も楽しく心和む作品展だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る