アートな新パッケージ シーモックのお菓子

 いちはらアート×ミックスを機に、若手デザイナーが考えた新たなパッケージで地元産の商品をグレードアップし売り出す『市原名産品リ×ミックスプロジェクト』。市原商工会議所と市原市が協働し、選んだ11品目が登場した。そのうちNPO法人しいの木会『シーモック』のお菓子と里山ファーム(山崎農園)の農産加工品のお披露目会が3月11日に同会福祉作業所で開かれた。
 ニワトリをイメージし、紙袋一枚ずつにハンコを押す手作りのパッケージに「素朴でユーモアがあり、あたたかいデザイン」と嬉しそうに話したのはシーモックの職員で担当の岡崎ルリ子さん。プロジェクト用に考案した中身は姉崎にある古川ファームの乾燥いちじくを使用した優しい甘さのクッキーや深城にある常住農園の落花生を砕いて食感を大事にしたサブレなど。すでに人気のレモンサブレやオレンジケーキ、アマニクッキーなどを組み合わせた3種類のセットを用意した。一方、里山ファームの玄米パフと2種のジャムは作り手のこだわりが伝わる手描き風のラベルとなっている。
 商品はいちはらアート×ミックス会期中に売り出されたあと、既存の売り場でも販売される予定。尚、お披露目会当日は日本財団から寄贈された車イス対応送迎車も紹介された。

問合せ シーモック 
TEL 0436・63・3180 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る