アートな新パッケージ シーモックのお菓子

 いちはらアート×ミックスを機に、若手デザイナーが考えた新たなパッケージで地元産の商品をグレードアップし売り出す『市原名産品リ×ミックスプロジェクト』。市原商工会議所と市原市が協働し、選んだ11品目が登場した。そのうちNPO法人しいの木会『シーモック』のお菓子と里山ファーム(山崎農園)の農産加工品のお披露目会が3月11日に同会福祉作業所で開かれた。
 ニワトリをイメージし、紙袋一枚ずつにハンコを押す手作りのパッケージに「素朴でユーモアがあり、あたたかいデザイン」と嬉しそうに話したのはシーモックの職員で担当の岡崎ルリ子さん。プロジェクト用に考案した中身は姉崎にある古川ファームの乾燥いちじくを使用した優しい甘さのクッキーや深城にある常住農園の落花生を砕いて食感を大事にしたサブレなど。すでに人気のレモンサブレやオレンジケーキ、アマニクッキーなどを組み合わせた3種類のセットを用意した。一方、里山ファームの玄米パフと2種のジャムは作り手のこだわりが伝わる手描き風のラベルとなっている。
 商品はいちはらアート×ミックス会期中に売り出されたあと、既存の売り場でも販売される予定。尚、お披露目会当日は日本財団から寄贈された車イス対応送迎車も紹介された。

問合せ シーモック 
TEL 0436・63・3180 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る