アートな新パッケージ シーモックのお菓子

 いちはらアート×ミックスを機に、若手デザイナーが考えた新たなパッケージで地元産の商品をグレードアップし売り出す『市原名産品リ×ミックスプロジェクト』。市原商工会議所と市原市が協働し、選んだ11品目が登場した。そのうちNPO法人しいの木会『シーモック』のお菓子と里山ファーム(山崎農園)の農産加工品のお披露目会が3月11日に同会福祉作業所で開かれた。
 ニワトリをイメージし、紙袋一枚ずつにハンコを押す手作りのパッケージに「素朴でユーモアがあり、あたたかいデザイン」と嬉しそうに話したのはシーモックの職員で担当の岡崎ルリ子さん。プロジェクト用に考案した中身は姉崎にある古川ファームの乾燥いちじくを使用した優しい甘さのクッキーや深城にある常住農園の落花生を砕いて食感を大事にしたサブレなど。すでに人気のレモンサブレやオレンジケーキ、アマニクッキーなどを組み合わせた3種類のセットを用意した。一方、里山ファームの玄米パフと2種のジャムは作り手のこだわりが伝わる手描き風のラベルとなっている。
 商品はいちはらアート×ミックス会期中に売り出されたあと、既存の売り場でも販売される予定。尚、お披露目会当日は日本財団から寄贈された車イス対応送迎車も紹介された。

問合せ シーモック 
TEL 0436・63・3180 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る