じいちゃん、ばあちゃんパワーで地域住民の輪を広げる

 立春は過ぎたものの、冬のような日が続いた過日、茂原市の豊田福祉センターで作品展が開かれた。自主グループや豊田小児童、あゆみの家工作等の作品が展示され、中でも発足して半世紀以上経つ『新茂原寿会』の展示スペースは会員たちで大いに盛り上がっていた。  
 会長の今野勝見さんは「会員は約40名。大正生まれもいる70代男女がメインの長寿クラブ。毎週木曜に新茂原青年館に集まり、ワラや竹で作品づくりをしています。ワラは休耕田を借りて古代米を植えて刈り取り干して乾燥させたもの。夏の暑い最中に皆で汗を流したあとに飲む酒は旨いですよ」と話す。
 主な作品は縁起物だが、カーテンクリップなどの手芸品で、女性のアイディアが光ったものも。すぐ買い手がついた。また、話題となった東京スカイツリーを竹細工で仕上げた作品は一際目を引いた。
「豊田地区には13の自治会があるが、長寿クラブがあるのは4自治会だけ。地域フォーラム等で、他の自治会にもと働きかけている。そしてクラブの輪が広がり、地域活性化や独居老人の見守りなどをということが今求められていると思う」と、今野会長は真剣な眼差しで語った。
 センター内では、ボランティア会の皆さんによって、塩むすび、漬け物、豚汁が作られ、無料で来場者に振る舞われた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る