じいちゃん、ばあちゃんパワーで地域住民の輪を広げる

 立春は過ぎたものの、冬のような日が続いた過日、茂原市の豊田福祉センターで作品展が開かれた。自主グループや豊田小児童、あゆみの家工作等の作品が展示され、中でも発足して半世紀以上経つ『新茂原寿会』の展示スペースは会員たちで大いに盛り上がっていた。  
 会長の今野勝見さんは「会員は約40名。大正生まれもいる70代男女がメインの長寿クラブ。毎週木曜に新茂原青年館に集まり、ワラや竹で作品づくりをしています。ワラは休耕田を借りて古代米を植えて刈り取り干して乾燥させたもの。夏の暑い最中に皆で汗を流したあとに飲む酒は旨いですよ」と話す。
 主な作品は縁起物だが、カーテンクリップなどの手芸品で、女性のアイディアが光ったものも。すぐ買い手がついた。また、話題となった東京スカイツリーを竹細工で仕上げた作品は一際目を引いた。
「豊田地区には13の自治会があるが、長寿クラブがあるのは4自治会だけ。地域フォーラム等で、他の自治会にもと働きかけている。そしてクラブの輪が広がり、地域活性化や独居老人の見守りなどをということが今求められていると思う」と、今野会長は真剣な眼差しで語った。
 センター内では、ボランティア会の皆さんによって、塩むすび、漬け物、豚汁が作られ、無料で来場者に振る舞われた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る