こでまりの夢 ~幸せになるための必要な変化~

 このコラムを書いた日は、最悪の日でした。大事な郵便物が届かないことから始まって、大学の中間テストの結果は不合格(通信大学に在籍中)、久しぶりに会った人に余計なことを言って失敗し、挙句の果てには、お願い事を断られ…。「な、なんという日だ~」と家に帰って頭を抱えてしまいました。
 上手くいかない時ほど、自分の性格が出てしまいます。落ち込んで、自分をダメ人間だと思いこんだり、きっと次も悪いことが起こると信じたりして。でも、これは心理学で『非合理な自己対話』と言って、明らかな認知の誤りなのだそうです。これを続けていると、身体的ストレス反応が起こり、病気や事故の要因になることがあります。この認知の誤りを『発展的な自己対話』に変えることで、気持ちの落ち込みや歪みが少なくなっていきます。
 私は悪い事が起こったときには「これには必ず意味がある。どうすればよかったか」と考え、それを教訓にします。そして、「悪い事は長くは続かない。悪い事の後には良いことがある。運気上昇の兆しだ!」と気持ちを切り替えます。悪い事は教訓であり、幸せになるために必要な変化なのです。そう考えると、子育ての苦労も少しは楽になれるかも。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。社会福祉法人ありんこ会理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。 Tel.0475・53・3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る