【茂原市】情報求む! 茂原の歴史を発掘しよう

 現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村、五郷村、二宮本郷村、東郷村、豊田村の六ケ町村が合併して昭和27年に誕生。同47年に本納町と合併しました。最初に刊行された『茂原市史』は、本納町と合併する以前である昭和41年に1冊、昭和30年に『本納町史』1冊が刊行されたのみです。それから50年以上経過し、新たに市史をつくる必要性がでてきました。現在、新しい市史づくりのため、市内、市外の調査を進めており、10数年という期間をかけて刊行していく予定です」と話すのは、同館学芸員の岸波宗岳さん。手にするのは、江戸時代後期に人々が役所とのやりとりを書き記した御用留(ごようどめ)。

 今年3月まで開催されていた第2回テーマ展『鶴枝の豪農 高橋家の人々』では高橋家から寄付された多くの文書や写真、刀などが展示されていた。岸波さんは、「旧家の押し入れや蔵、神社仏閣、各自治会等で保管している場合など、色々な所にまだ資料は眠っていると思います。また、茂原の年中行事や方言、言い伝え等の民俗調査も行っています。現存する資料だけでなく、口承における民俗に詳しい方の情報をお持ちの方も、ぜひお知らせください」と呼びかける。
 新たな『茂原市史』は、原始・古代・中世、近世、近現代までの資料編3冊を手始めに通史上下巻2冊、ダイジェスト版1冊、計6冊を順次刊行していく予定だ。「3年後の茂原市市制70周年にあたる令和4年にまず1冊目となる原始・古代・中世資料編を刊行することになっています。かなり時間のかかる作業ですが、着実に進めていきたいです」と、岸波さんはまだ見ぬ茂原の歴史に意気込んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る