【茂原市】情報求む! 茂原の歴史を発掘しよう

 現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村、五郷村、二宮本郷村、東郷村、豊田村の六ケ町村が合併して昭和27年に誕生。同47年に本納町と合併しました。最初に刊行された『茂原市史』は、本納町と合併する以前である昭和41年に1冊、昭和30年に『本納町史』1冊が刊行されたのみです。それから50年以上経過し、新たに市史をつくる必要性がでてきました。現在、新しい市史づくりのため、市内、市外の調査を進めており、10数年という期間をかけて刊行していく予定です」と話すのは、同館学芸員の岸波宗岳さん。手にするのは、江戸時代後期に人々が役所とのやりとりを書き記した御用留(ごようどめ)。

 今年3月まで開催されていた第2回テーマ展『鶴枝の豪農 高橋家の人々』では高橋家から寄付された多くの文書や写真、刀などが展示されていた。岸波さんは、「旧家の押し入れや蔵、神社仏閣、各自治会等で保管している場合など、色々な所にまだ資料は眠っていると思います。また、茂原の年中行事や方言、言い伝え等の民俗調査も行っています。現存する資料だけでなく、口承における民俗に詳しい方の情報をお持ちの方も、ぜひお知らせください」と呼びかける。
 新たな『茂原市史』は、原始・古代・中世、近世、近現代までの資料編3冊を手始めに通史上下巻2冊、ダイジェスト版1冊、計6冊を順次刊行していく予定だ。「3年後の茂原市市制70周年にあたる令和4年にまず1冊目となる原始・古代・中世資料編を刊行することになっています。かなり時間のかかる作業ですが、着実に進めていきたいです」と、岸波さんはまだ見ぬ茂原の歴史に意気込んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る