上総牛久の八坂祭の山車を見物してきました。

八坂祭を見物しに7月25日(金)、26日(土)に市原市牛久に行ってまいりました。

このお祭は江戸時代から続く八坂神社の祭礼で、牛久の、上(かみ)、中(なか)、下(しも)町の三台の大きな山車の上で祭り囃子が鳴り響きます。
市の文化財でもある「牛久ばやし」は各町ごとにお囃子の太鼓や笛の音色が違い、山車どうしが向かい合ってたたき合う喧嘩囃子は、初日が上町と中町で、二日目が中町と下町で行われ圧巻の迫力です。
太鼓の叩き手は、今では男の子も女の子も一緒に練習を重ねて参加し、地域の大切な文化を受け継いでいきます。

動画では中町のお囃子の様子を撮影しております。
お祭の最後に、縁起物のお餅やお菓子をまいて、お客さんを楽しませてくれるところも人気の秘密です。
来年の夏は是非、市原の文化財でもある八坂祭を見物に行ってみてはいかがでしょうか?

問合せ
TEL(0436)22-8355 (一社)市原市観光協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去の記事はこちら

ニュース

スポーツ

サークル情報

スタッフブログ

ページ上部へ戻る