一蔵&いち瑠さんに行ってきました!

きもの好きな私にとって、呉服屋さんはウキウキする場所です。
ドレスコードがあるきものは、その用途でも色柄のつけ方が変わり、さらに産地、工房、作家によって多種多彩な織、模様、染の、際限ないバリエーションが展開されます。
職人の高度な技術とアーティステックなデザイン、それを服として着る。まさに外国の方が「ファンタスティック!」と夢中になるのもむべなるかな、の世界です。

店内2

市原で一番大きな呉服屋さんといえば、アリオ市原内にある一蔵&いち瑠さん。
先日、打ち合わせでお伺いしたのですが、仕事とはいえ、目に入る数々の華やかなきものに、テンションはあがりっぱなし。いえいえ、とにかく冷静に仕事をしなければ!と言い聞かせつつ、ついつい視線は自分好みのものにいってしまうわけです(苦笑)

店内3

私の好みとは別ですが、「○十年前の成人式のときには、こんな可愛いのなかったよ!」と思ったのがビンクのバッグと草履。

バッグ1

そしてこちらは、一目惚れしたバッグと草履。一度手持ちの帯と合わせてみたい!と、思わずガン見しました(笑)

バッグ2

何より惹かれたのがじつは「着方教室」。
「着付け」ではなく「着方」です。いち瑠さんのお教室は、きものの着付けだけではなく、茶道体験もあり、和のマナーや所作なども学べて、きれいにきものを着て出かけるためのレッスンになっています。月1回のお出かけ企画、土日や夜間レッスンもOK。
「タンスのこやし」になっているきものを活かすには、自分できものを着られるようにならないと! 1月生募集の前に無料体験があるので、思い切ってチャレンジしてみるか!と思ったのでした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る