一蔵&いち瑠さんに行ってきました!

きもの好きな私にとって、呉服屋さんはウキウキする場所です。
ドレスコードがあるきものは、その用途でも色柄のつけ方が変わり、さらに産地、工房、作家によって多種多彩な織、模様、染の、際限ないバリエーションが展開されます。
職人の高度な技術とアーティステックなデザイン、それを服として着る。まさに外国の方が「ファンタスティック!」と夢中になるのもむべなるかな、の世界です。

店内2

市原で一番大きな呉服屋さんといえば、アリオ市原内にある一蔵&いち瑠さん。
先日、打ち合わせでお伺いしたのですが、仕事とはいえ、目に入る数々の華やかなきものに、テンションはあがりっぱなし。いえいえ、とにかく冷静に仕事をしなければ!と言い聞かせつつ、ついつい視線は自分好みのものにいってしまうわけです(苦笑)

店内3

私の好みとは別ですが、「○十年前の成人式のときには、こんな可愛いのなかったよ!」と思ったのがビンクのバッグと草履。

バッグ1

そしてこちらは、一目惚れしたバッグと草履。一度手持ちの帯と合わせてみたい!と、思わずガン見しました(笑)

バッグ2

何より惹かれたのがじつは「着方教室」。
「着付け」ではなく「着方」です。いち瑠さんのお教室は、きものの着付けだけではなく、茶道体験もあり、和のマナーや所作なども学べて、きれいにきものを着て出かけるためのレッスンになっています。月1回のお出かけ企画、土日や夜間レッスンもOK。
「タンスのこやし」になっているきものを活かすには、自分できものを着られるようにならないと! 1月生募集の前に無料体験があるので、思い切ってチャレンジしてみるか!と思ったのでした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る