『草間彌生 わが永遠の魂』を見に行ってきました

制作部の井上です。
先日新国立美術館へ『草間彌生 わが永遠の魂』を見に行ってきました。

平日なのにチケット購入の列ができていました。
事前にコンビニで買っておいて正解です。

草間彌生さん本人が語っているという音声ガイドを聞きながら回りました。
この音声ガイドの中で作品への思い、詩の朗読の他、何度か歌声も披露しています。

入ってすぐに連作「わが永遠の魂」にぐるっと囲まれます。
圧倒的な迫力です。
スマホでの撮影もOKなので、かなりの方が撮影しながらにぎやかにみていました。
2009年から現在まで制作に取り組み続けているシリーズということですが
現在88歳にしてこのエネルギー、すごすぎます。

この先はさすがに撮影NG。

現在の水玉模様=草間彌生の原型ともいえる
幼少期に書かれた点々模様の絵がすでにありました。
幼いころから幻聴・幻覚に悩まされていたことが絵の創作につながったようですが
本当にこのころから見えていたんだなと思いました。

NY時代の作品は、今のポップな作品とは全然違います。
映像作品の中の草間彌生さんは若かったですが、
作品に対する熱いものは変わらない感じがしました。

後半の作品は水玉・かぼちゃなど見覚えのある作品がずらり。
個人的にはこのあたりのポップな作品は好きです。

その流れで最後にグッズ売り場となりますが
ものすごーくレジが混みあってました。
あまりの列に購入もあきらめる人もいました。

ショップ外には、真っ白な部屋に水玉シールを貼る参加型展示「オブリタレーションルーム」が。
入り口で渡された水玉のシールを自由に貼ることができます。
もう白い部分がない状態でした。
自分も作品づくりに参加した感が楽しいです。

帰りに黄色いかぼちゃを撮影。
天気が悪いのが残念です。

5月22日までなのでまだ間に合います。
・草間彌生展「わが永遠の魂」
http://kusama2017.jp/

これから市原ではアート×ミックスが開催されますが、春のお出かけにアートはいかがですか。
ぜひ足を運んでみてください!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る