『草間彌生 わが永遠の魂』を見に行ってきました

制作部の井上です。
先日新国立美術館へ『草間彌生 わが永遠の魂』を見に行ってきました。

平日なのにチケット購入の列ができていました。
事前にコンビニで買っておいて正解です。

草間彌生さん本人が語っているという音声ガイドを聞きながら回りました。
この音声ガイドの中で作品への思い、詩の朗読の他、何度か歌声も披露しています。

入ってすぐに連作「わが永遠の魂」にぐるっと囲まれます。
圧倒的な迫力です。
スマホでの撮影もOKなので、かなりの方が撮影しながらにぎやかにみていました。
2009年から現在まで制作に取り組み続けているシリーズということですが
現在88歳にしてこのエネルギー、すごすぎます。

この先はさすがに撮影NG。

現在の水玉模様=草間彌生の原型ともいえる
幼少期に書かれた点々模様の絵がすでにありました。
幼いころから幻聴・幻覚に悩まされていたことが絵の創作につながったようですが
本当にこのころから見えていたんだなと思いました。

NY時代の作品は、今のポップな作品とは全然違います。
映像作品の中の草間彌生さんは若かったですが、
作品に対する熱いものは変わらない感じがしました。

後半の作品は水玉・かぼちゃなど見覚えのある作品がずらり。
個人的にはこのあたりのポップな作品は好きです。

その流れで最後にグッズ売り場となりますが
ものすごーくレジが混みあってました。
あまりの列に購入もあきらめる人もいました。

ショップ外には、真っ白な部屋に水玉シールを貼る参加型展示「オブリタレーションルーム」が。
入り口で渡された水玉のシールを自由に貼ることができます。
もう白い部分がない状態でした。
自分も作品づくりに参加した感が楽しいです。

帰りに黄色いかぼちゃを撮影。
天気が悪いのが残念です。

5月22日までなのでまだ間に合います。
・草間彌生展「わが永遠の魂」
http://kusama2017.jp/

これから市原ではアート×ミックスが開催されますが、春のお出かけにアートはいかがですか。
ぜひ足を運んでみてください!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る