ガーベラ団地

1月も半ばに入って記録的な寒さが続く日々。外で見かける花々も水仙か山茶花、椿くらい。でも、長生郡白子町にある『ガーベラ団地』ことガーベラの温室栽培施設では、色とりどり、様々な花の形のガーベラが咲き誇っています。外の寒さも関係なしの暖かい温室で花摘み体験ができます。意外と地元、近隣住民には知られていませんが、観光バスも立ち寄る、知る人ぞ知る人気の穴場スポット。花摘み体験ができる期間は10月から5月まで。8本500円。受付時間は月曜~土曜は8時半~正午まで。日曜は9時から正午まで。場所は九十九里波乗り道路の近く。是非、お出かけしてみてはいかがでしょうか。(編集・内田)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る